PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集
さずかりの人生 欲の真ん中に自分を置かない生き方

さずかりの人生 欲の真ん中に自分を置かない生き方…青山俊董著

9月14日

曹洞宗愛知専門尼僧堂堂長の著者が、後進の指導などふとした日々の営みの中での出来事を通して禅の教えを説く。 「私の今日ある背景は限りない多くの師の導きによるもの」と述べ、謦…

押田成人著作選集2 世界の神秘伝承との交わり 九月会議

押田成人著作選集2 世界の神秘伝承との交わり 九月会議…宮本久雄・石井智恵美編

9月12日

押田成人(1922~2003)は、カトリック・ドミニコ修道会の司祭であり、八ケ岳山麓に結んだ草庵で祈りと思索の修道生活を送りながら、現代の文明や技術主義に対する警鐘を鳴ら…

布教技法としての節談

布教技法としての節談…直林不退著

9月11日

近世に成立した浄土真宗の伝統的布教技法・節談。真宗教団の発展と共に盛んに行われ、「法芸一如」との言葉があるように聴衆に寄り添い、情緒に訴えるスタイルで布教伝道に生かされた…

だれだっておどろく! こんなにもすばらしい10人の住職

だれだっておどろく! こんなにもすばらしい10人の住職…『月刊住職』編集部編

9月10日

僧侶向けの専門誌『月刊住職』編集部が、独自の活動で寺院を活性化している住職10人に取材したルポルタージュ。それぞれの人生をひもときながら、活動のモチベーションや地域とのつ…

続 身近な食材を使って 三心でつくる典座和尚の料理

続 身近な食材を使って 三心でつくる典座和尚の料理…三好良久著

9月9日

著者は曹洞宗大本山永平寺で2004年に典座に就任し、今年7月まで16年余り務めた。本書は永平寺の機関誌『傘松』に毎月連載していたレシピをまとめた2冊目となる。 見開きごと…

命ある限り 歩き続ける

命ある限り 歩き続ける…五木寛之・横田南嶺著

9月8日

人生100年時代、万人に平等に訪れる「死」を前提に、私たちはいかに生きるべきか。50年以上にわたり第一線で活躍し続けてきた円熟の作家・五木寛之氏と、45歳で臨済宗円覚寺派…

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日

長い目で復興を 東日本大震災から9年半

社説9月11日
お知らせ