PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
宗教文化講座2020 墨跡つき仏像カレンダー2020

地下鉄サリン事件25年 語り継ぐべきものの選択3月27日

新型コロナウイルスの影響で、地下鉄サリン事件から四半世紀を経た関連の催しも中止となった。事件の風化が強まるのではないかと危機感を持つ人も少なくない。 1990年代後半以降…

“復興五輪”の下で 原発事故への怒りやまず3月25日

東京電力福島第1原発の事故によって故郷を奪われ、遠方に避難を余儀なくされた被害者たちが各地で起こした損害賠償訴訟では、東電の責任を指弾する判決が相次ぎ、先日は仙台高裁で二…

いのちとは何か 限定不可能な無限の尊さ3月19日

重度の障害者が多数殺傷された「やまゆり園事件」の判決(死刑、16日・横浜地裁)を前に、れいわ新選組の木村英子参議院議員が障害者の立場を語っている。 議員は幼少の頃事故で頸…

特措法改正 運用のあり方監視を3月18日

新型コロナウイルス感染症を対象に加えた新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案が13日に衆参両院で可決され、14日に施行された。これにより、政府は新型コロナウイルスの感染…

震災悲劇忘れない 人から人へ思い伝える3月13日

11日で発生から9年を迎えた東日本大震災。被災した各地で慰霊追悼の催しが行われた。市街地が壊滅した岩手県陸前高田市の曹洞宗寺院では全壊した伽藍跡近くの仮設本堂で法要が営ま…

混濁の世に輝く 全盲ろう者の言葉3月11日

東京大教授で全盲ろう者の福島智さん(57)は著書『ぼくの命は言葉とともにある』に、18歳で光と音を失った過酷な運命を「宇宙空間に一人漂っているような」と表現し、その「暗黒…

新聞の使命 ニュースの信頼性こそ命3月6日

若い世代の新聞離れは深刻な状況である。総務省情報通信政策研究所が2019年9月に発表した『平成30年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書〈概要〉』を…

新型コロナウイルス 宗教界は主体的対応を3月4日

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国各地で行事の中止が相次ぐ中、宗教界でも対応を迫られている。政府は2月末に大規模な催しの自粛を要請し、この頃から宗教関係でも各種催し…

4年ぶりに開扉された勅封秘仏の本尊

勅封秘仏の本尊開扉 即位祝い4年ぶり 大本山石山寺

ニュース3月30日
山田鏡徳寺住職に御仏舎利を奉呈する東山主(左)

大乘寺仏舎利を奉呈 曹洞宗鏡徳寺が本尊制作

ニュース3月30日
桜神宮で宿泊訓練を行う職員

一斉帰宅抑制のモデルに 大災害時、都と宗教団体協力

ニュース3月27日