PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

現状認識が重要 変わる国の安全保障政策(6月12日付)6月14日

来年終戦80年を迎える日本の現状を考える上で、政府が昨年12月に「防衛装備移転三原則」の一部改正を閣議決定した意味は重要だ。改正は2022年12月に策定された「国家安全保…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)6月12日

同性愛カップルに対する祝福の可否という問題を含むバチカン教理省の宣言「フィデューシア・サプリカンス」は発表以来半年たっても反響はなお静まらない。 カトリック内部にもジェン…

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)6月7日

故郷への思い、同郷人とのつながりが、災害時には大きな支えとなることが多い。困難な状況が長引く能登半島地震でも、例えば近畿一円に居住する石川県珠洲市出身者の「関西珠洲会」が…

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)6月5日

曹洞宗宗務庁のSDGs推進委員会が宗議会議員や宗務庁役職員、青年会員ら宗門関係者を対象に実施したジェンダーに関する意識調査の結果、宗門内にジェンダーバイアス(性別・性差に…

急増した海外観光客 日本の宗教文化理解を促す(5月29日付)5月31日

コロナ禍が終息し、落ち込んでいた外国人の入国者数が急増している。出入国在留管理庁の統計によれば、2019年に年間3600万人余いた入国者数は20年には500万人余に急減し…

和解を促す力 宗教は平和を脅かすのか(5月24日付)5月29日

現代社会が直面する問題で、宗教の貢献を望む声は多い。世界各地の戦争や紛争に対して、関与する諸宗教が平和を求める声を上げ、平和構築に貢献することはできないものだろうか。ウク…

支える姿勢を巡って 「自律」を「支縁」する(5月22日付)5月24日

福祉や医療関係でケアの仕事をする専門職たちの研修会で、人を支援する、寄り添うとはどういうことかについて論議が高まった。災害被災者への支えも含め、どのような立ち位置で相手に…

流動する住民 迫られる新しい関係づくり(5月17日付)5月22日

インターネットの普及で、人々の生活に様々な変化が見られるようになった。家族や地域の絆が求められる一方で、孤立化と言うべきスタイルが日常化しており、スマートフォンを開けば、…

橋本尚信氏

東寺長者に橋本氏 飛鷹氏は任期満了で退山

ニュース6月14日

全日本仏教徒会議 大阪大会、骨子決まる 記念法要・シンポ予定 テーマ「無量の『いのち』」

ニュース6月14日
行政の対応の在り方や他国との比較、宗教法人法や新法の解釈など幅広く議論するパネリスト

宗教法学会シンポ 法規制と信教の自由議論 行政対応や海外事例テーマに

ニュース6月13日