PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

被災地8年目の春 復興への地道な歩み4月17日更新

東日本大震災から8年の春を迎え、被災地では“復興”に向けたいろんな動きが地道に進められている。東京電力福島第1原発の事故で全町避難となった福島県浪江町の住職は、留守中に荒…

今夏のWCRP大会 日本からの発信に期待する4月12日更新

宗教者の社会的活動には大きく分けて2種類ある。一つは、社会の中で困窮し孤立している人に寄り添い、傾聴し、励ましていく社会的支援である。もう一つは、無縁社会や平和問題など社…

幸福度の低さ 日本社会の深刻な病理4月10日更新

「国際幸福デー」(3月20日)に国連が報告する世界幸福度ランキングは、各国の世論調査プラス健康寿命など六つのデータで評価される。2019年、日本は前年より四つ順位を下げ5…

新元号「令和」 新しい時代の幕開けに4月5日更新

今上天皇陛下の退位、新天皇陛下の即位に伴い5月に改元される新元号が「令和」と決まった。日本で最初の元号とされる「大化」以来248番目、明治に一世一元制が始まってからは5番…

寺院護持の意味 現代社会に必要な仏法4月3日更新

相次ぐ政府の学制改革に宗門学校が対応を迫られていた頃。1908(明治41)年3月、臨済宗妙心寺派機関誌『正法輪』の「禅宗と教育」に関するアンケートに、東京朝日新聞の記者だ…

来日外国人の急増 宗教文化の多様化も進む3月29日更新

グローバル化という言葉は使い古された感すらあるが、しかし宗教文化に関しては、それを肌身に感じるのはこれからであろうと予測される。というのも、来日する外国人の数、在留する外…

修行の価値を護る 必要な改革はためらわず3月27日更新

日蓮宗の遠壽院(千葉県市川市)で昨年11月から100日間行われた荒行で、4人の出行僧に「清規違背があった」として「許証」が授与されなかった。本紙2月15日付の記事によれば…

東日本大震災8年 消えぬ悲しみと苦悩3月23日更新

東日本大震災の被災地ではなお悲しみと苦難が満ちており、8年は決して“節目”ではない。津波が内陸奥深くまで達し、地域が壊滅して住宅地が消えてしまった宮城県山元町で荒野にぽつ…

PR

暴力根絶を明記 僧堂設置基準を策定 曹洞宗

ニュース4月20日更新

教育学部開設、1年延期 高野山学園

ニュース4月19日更新
横田管長の大導師で営まれた半斎法要

中興の祖・大用国師200年遠諱営む 大本山円覚寺

ニュース4月18日更新
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook