PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回「涙骨賞」を募集
PR
第16回「涙骨賞」を募集 中外日報宗教文化講座

持続可能な社会 SDGsと宗教界の貢献7月19日

国連総会が「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を全会一致で採択したのは2015年9月。「誰一人取り残さないーNo one will be l…

出生前検査への対応 いのちの意義捉え直す7月17日

妊婦の血液採取だけで胎児にダウン症候群など染色体の病気があるかどうか診断する新型出生前検査の実施医療機関を広げるために条件を緩和する動きについて、厚生労働省が検討会を設置…

政治家は判断示せ 核兵器禁止が指し示す未来7月12日

国連総会で核兵器禁止条約が採択されたのは2017年の7月7日である。条約の制定に向けた運動をリードした核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が、その年のノーベル平和賞に選…

自己責任論 若者よ自分を責めるな7月10日

参議院選挙が公示され、選挙戦が始まった。安倍自民一強の情勢の下、野党は1人区では候補者を一本化するなど対決姿勢を強めている。注目されるのは、これほど景気が悪化し、格差が拡…

「黒い羊」は求めない 自分の頭で考える社会7月5日

集団の一部構成員の評価を貶めたり嫌悪感を集中させたりして排除し、集団全体の一体感を高めることを心理学で「黒い羊」効果と呼ぶ。情報化の現代はマスコミやネットで攻撃の対象を渉…

放浪者とよそ者 意識されない価値観の理解7月3日

宗教社会学者ジンメルは、マックス・ウェーバーも高く評価し、ハイデルベルク大教授に推薦したが、就任できなかった。それは彼がユダヤ人であったためだとされている。そうした経験の…

無住・兼務寺問題 過疎地寺院の再構築へ6月28日

伝統仏教の諸教団で、無住・兼務が多い過疎地の寺院対策に本腰を入れて取り組む機運が高まってきた。本紙2018年5月16日付1面は「『座して死』は避けたい」という刺激的な見出…

脱現金化の陥穽 利便性だけで判断は危険6月26日

1995年の宗教法人法改正で宗教法人備え付け書類の利害関係人閲覧権と、所轄庁提出義務が規定された。提出書類は不活動法人問題と結び付けて語られるが、2005年に、鳥取県が第…

新体制を発表する(右から)若林恭英会長と新執行部の岡本専務理事、八木澤アジア地域ディレクター、山本事務局長

SVAが新執行部体制 中期事業計画を発表

ニュース7月23日
襖絵を前に歓談する藤井氏(右)と奥村執事長

妖女の襖絵、中国人画家が奉納 高台寺

ニュース7月22日
檀信徒会館で3月に開かれた研修会では障害者を招き対話した

障害者差別解消法施行3年、曹洞宗が研修推進

ニュース7月19日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook