PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと9月18日

日本は1931年9月18日に起こった満州事変で先の大戦への引き金を引き、ポツダム宣言受諾により45年9月2日の降伏文書調印を経て51年9月8日のサンフランシスコ講和条約調…

修行の聖域 伝統的形態を護るためには9月16日

日蓮宗の「荒行」は長い歴史を持つ厳しい修行である。千葉県市川市の大本山中山法華経寺に加行所が開設されたのは1949年だが、コロナ禍の影響で今年度は開設以来初めて、荒行が中…

長い目で復興を 東日本大震災から9年半9月11日

今月半ばで東日本大震災から9年半。被災地では建物の新築工事が各地で進んでいる。甚大な被害のあった岩手県釜石市では街並みはかなり復興し、中心部に新たにオープンした巨大ショッ…

新自由主義の限界 新たな感染症の時代に生きる9月9日

「withコロナ」という言葉が盛んに使われるが、様々な意味が込められていて混乱する。まず、これは短期で過ぎ去る一時的災害とは思わない方がよい。新型コロナウイルス感染症(C…

コロナと心の闇 神仏の光で照らし出す9月4日

近年、推理小説の道具立ては著しく変化している。一昔前は、固定電話しかなく、移動も主に鉄道、犯人の遺留物で分かるのは血液型だけだった。今では携帯電話やスマートフォン、モータ…

差別の象徴撤去 未来のため歴史見直し9月2日

警察官による黒人男性殺害事件をきっかけとする米国の人種差別批判のうねりは、現在だけでなく過去の抑圧・差別の歴史を見直し、指弾する動きに広がっている。決して“後ろ向き”では…

VRで死者との再会 仮想現実で描く死後の世界8月28日

今年2月に韓国のMBCが制作したドキュメンタリー番組『ミーティング・ユー』が放映され、韓国内で大変な反響を呼んだが、その内容故に国際的にも関心が広がった。番組では、母親が…

レジ袋有料化 目先ではなく広い視野を8月26日

環境保護のためにプラスチック製のレジ袋の有料化が義務付けられて2カ月近くになる。街のスーパーやコンビニ、ドラッグストアに行くと、マイバッグ持参の客も「安価だし、家でごみ袋…

「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の取り組みを説明する(右から)小川氏、宇野氏、宮坂氏

自死者追悼法要の意義語る 遺族連絡会分科会で

ニュース9月18日

雇用調整助成金、宗教団体から「助かった」の声

ニュース9月18日
菅野日彰管長を導師に奉行した龍口法難750年宗門法要

龍口法難750年で宗門法要 令和の立正安世界を 日蓮宗

ニュース9月17日
お知らせ