PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

試行錯誤のコロナ対策 過ちはためらわず改めよう11月27日

GoToキャンペーンのことである。このコラムが出るまでに中止されることを期待して書いている。 北海道は新型コロナウイルス感染の第3波にある。GoToトラベルに10月から東…

大統領選でQアノン台頭 米福音派に近く日本も注意を11月13日

米国大統領選挙が終了した。落選したトランプ候補は選挙の不正を訴えるが、デマとして扱われている。 選挙中に見えてきたのはトランプ支持者にQアノンの陰謀論が浸透していることだ…

「利益・効率」追求の陥穽 多様性によるイノベーション10月23日

日本学術会議の新会員候補6人を首相が任命拒否したことに対し、学問の自由への介入として各学術界から抗議の声明が出ている。「総合的・俯瞰的」という言葉が連呼される状況下、この…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

宗教行事がネット空間に 新たな意味帯び継承発展10月9日

本紙9月25日号に既報だが、神道国際学会で「国難と信仰」という報告をした。その準備で100年前のスペイン風邪禍の初詣やお盆を調べたが、驚いたことに1日に何百人も亡くなった…

新たな精神的感染症 「トランプ支持者」の陰謀論9月25日

新型コロナウイルス感染症(以下「コロナ」)は、身体症状だけでなく精神的感染症をも引き起こす。半年前の時評欄では兵器説と反中差別感情との関連を取り上げ、注意をうながした。そ…

安心安全の地域づくりへ 分散避難で貢献する寺社9月11日

長引く厳しい残暑の中、7月豪雨被災地では、コロナ禍にあって限られた人手で復旧作業が行われた。そこに今度は台風9号、10号が連続して襲来した。 史上最強クラスと予想された台…

コロナ禍のお盆・墓参り 魂のゆくえ考える機会に8月21日

この原稿は8月15日に書いている。前回に引き続き私事で恐縮だが、拙宅のお盆は一人暮らしの母を、正月同様、筆者と妹両家族で訪問するというのが毎年のならわしだ。しかし今年はコ…

分断社会の超克に向けて 宗教者の暗黙知、専門知を7月31日

今、新型コロナウイルス対策における専門家会議の助言をめぐって議論がある。小林傳司(大阪大名誉教授)は、「責任を追及するだけでは、危機管理に協力する専門家はいなくなる。大き…

三つの市場論 中国宗教界の変動の力学

社説12月2日

対話の前提 キリスト教的伝統との差異

社説11月27日

家族の絆 古くて新しい檀家の課題

社説11月25日
お知らせ