PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
2024宗教文化講座
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座
お知らせ

中外日報社は、日本郵便の土曜配達などの休止に伴い新聞郵送に遅延が生じている現状を受け、オンライン上で原則発行日(水・金曜日)に紙面を閲覧いただける有料購読者向けの無料サービスを行っています。
 お申し込みは契約番号を添え て、オンライン申し込みまでメールにてご連絡ください。(2023.1.5)

専門道場の問題について話し合った僧風刷新会議

専門道場数の適正化協議 妙心寺派僧風刷新会議 掛搭者減少・法式作法修得に問題 「減らす」議論に慎重意見

ニュース7月18日

臨済宗妙心寺派は5日、京都市右京区の宗務本所で僧風刷新会議(佐野泰典会長)を開き、教団を取り巻く社会状況の変化による諸問題の対応を協議した。今回の議題は「専門道場のあり方…

信者数の大幅減続く ドイツカトリック 若者の教会税忌避 教会離れに性的虐待スキャンダル

ニュース7月18日

CNA(カトリック通信社)によると、2023年の1年の間で、ドイツのカトリック教徒は40万人以上減少した。同国のカトリック教徒は約2035万人で、約5%が教会を離れたこと…

「声を聞き、声に生きる」と述べる木越宗務総長

【特報】真宗大谷派宗会 能登支援・災害対策で質疑 /施政方針演説 「宗門史上最大級の被災」 発災翌日に救援本部始動/男女両性で形作る教団 取り組み進まず落胆 教師養成、遠隔化は可能か

ニュース7月18日

真宗大谷派の第75回宗議会(望月慶子議長)が5月30日から6月11日まで開かれた。2023年度の補正予算は、主に能登半島地震支援に関するもの。24年度予算などを可決承認し…

新司教が副講者・典議を務めると発表された、今年度安居の会場となる龍谷大大宮キャンパス本館

本願寺派18日から安居始まる 副講者・典議に新司教 異例の学階審査、疑問の声

ニュース7月17日

浄土真宗本願寺派の宗門最高の講会である安居が、龍谷大大宮キャンパス(京都市下京区)で18日から開かれる。昨年度の安居最終日に発表されるはずだった副講者と典議の発表がなく開…

最高裁、「無効」の判断 旧統一教会元信者の「念書」 献金勧誘、違法性基準示す

最高裁、「無効」の判断 旧統一教会元信者の「念書」 献金勧誘、違法性基準示す

ニュース7月17日

旧統一教会(現世界平和統一家庭連合)の元信者が違法な勧誘によって献金させられたとして、遺族が教団側に損害賠償を求めた裁判で最高裁は11日、元信者が作成した「損害賠償請求等…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日

平和への課題 政治に無関心ではいけない(7月5日付)

社説7月10日