PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座
復興のために仏像の奉納を呼び掛ける永宗住職(三千佛堂で)

支援の輪広げ復興へ 葉上大阿闍梨の自坊

6月19日

岡山県倉敷市・天台宗本性院の永宗幸信住職(57)は、宗教界に大きな足跡を残した葉上照澄・延暦寺大阿闍梨(1903~89)がかつて住職を務めた岡山市中区・常住寺の復興に取り…

「おてらおやつクラブ」の活動では、お下がりの仕分け作業前にお勤めすることで「物流」が「仏流」になる、と話す野田副住職㊨

自分なりにできること 社会と接点、活動広げる

6月5日

4年前から「おてらおやつクラブ」の活動を続けている、臨済宗妙心寺派林昌寺(愛知県春日井市)の野田芳樹副住職(29)は「最初は自坊のお供えの対処策もあって始めましたが、この…

持ち込まれた人形を並べ法要を営む正木住職

寄進より知恵を募る 復興へ檀信徒の提案実践

5月22日

昨年9月、台風21号で被害を受けた大阪市天王寺区の浄土宗西照寺では、境内や伽藍の修復事業の一環として「人形供養」を行っている。本堂には檀信徒をはじめ全国各地から寄せられた…

善宗寺本堂での「お寺葬」で法話する近藤住職

お寺葬で寺院連携の輪 儀式補助する人材融通

5月8日

近年、本堂などで葬儀を営む「お寺葬」に取り組む寺院が増えている。葬儀社が運営する施設での葬儀では、僧侶が儀式の主導権を握れないことへの不満や、葬儀の簡素化に伴う省力化で以…

昨年6月の尾道での第1回千光寺サミットには各地の千光寺住職らが集結。前列中央が多田前住職

「千光寺の会」立ち上げ 20年かけ全国を訪ね歩く

4月17日

広島県尾道市の真言宗単立千光寺の多田義信前住職(78)は、住職だった1987年から約20年をかけて全国の千光寺を訪ね歩き、昨年6月に「全国千光寺の会」を発足させた。住職ら…

常圓寺祖師堂で行われた第12回ロータス寺市。地域の人たちと交流を深める

都会で共同体づくり 信頼築くプロジェクト

3月20日

NPO「ロータスプロジェクト」は、高層ビルが立ち並ぶ東京・西新宿の日蓮宗常圓寺で年に3回、「ロータス寺市」を開いている。社会問題への意識が高い出店者らがオーガニックの野菜…

脱現金化の陥穽 利便性だけで判断は危険

社説6月26日

茶髪の生徒ら共感 ヒロシマ語った原さん

社説6月21日

「星野君の二塁打」 「道徳」教科書の問題点

社説6月19日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook