PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

親鸞 『歎異抄』を手がかりとして…伊藤益著

2024年6月14日 13時31分
親鸞 『歎異抄』を手がかりとして

悪人正機説を唱えた親鸞だが『教行信証』などその著作で直接には記されていない。日本倫理思想が専門で長年親鸞研究に取り組んできた著者は、悪人正機の「悪」とは何かに正面から向き合い『歎異抄』などを頼りに人間存在の根源にある悪に迫っていく。

悪人正機説は師の法然、対立する立場の貞慶にも見られ、著者によれば「平安末から鎌倉時代にかけての共時代的な一思潮」だった。その中で親鸞の説が独創的だったのは「阿弥陀仏によって救われるのは悪人だけであって、善人は救済の埒外にある、と断言した」点にあるという。

さらに著者は救われる悪人がいかなる存在かについても突き詰めていく。日本の如来蔵思想に基づけばあらゆる存在に仏性が宿っており、仏性を犠牲にしなければ食事をとることはできない。社会の中で生きていれば、入学試験や昇進競争はもちろん、あらゆる場面で他者を排除することが避けられない。親鸞の説く悪とは道徳や倫理的な意味ではなく「『いまここ』に生きて在るという事実をみきわめ、それを『悪』と名指した」「身にまとわざるをえない悪に対して自覚的に在るからこそわれらは救われる」と論じる。慈悲、宿業、浄土など親鸞を考える上で避けられない項目についても検討する。

定価3960円、春秋社(電話03・3255・9611)刊。

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

7月16日

人間の救済や幸福を追求するはずの宗教が差別や排除を生み出している実態を厳しく告発する。著者は障害児教育を専門とする教師として養護学校などに長年勤め、牧師としても障害や国籍…

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

7月12日

本書の論点は「大乗仏教における小乗蔑視の展開を明らかにすること」にある。それによって著者は、インドに存在した声聞蔑視・声聞乗蔑視が、中国に至って偽経中に声聞批判・声聞乗批…

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

7月12日

東洋哲学研究所の創立者である池田大作SGI会長が昨年死去した。巻頭に桐ヶ谷章・前所長や、親交の深かった中国、ロシアの識者による追悼文を掲載している。 特集「つながらない時…

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)

社説7月19日

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加