PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

からだで悟る! 断食僧が教える「悩まない身心」のつくり方…野口法蔵著

2024年6月17日 09時51分
からだで悟る! 断食僧が教える「悩まない身心」のつくり方

著者はチベット仏教の修行を経た臨済宗僧侶で、断食に坐禅を取り入れた「坐禅断食会」の主宰・指導や、ほぼ毎日の早朝の滝行、一日数時間に及ぶ五体投地の礼拝行などを実践している現代の「行者」だ。その修行体験から導き出された「整えられたからだに悩みは生じない」という確信のもと、様々な「行」の実践方法やその効能を読者にやさしく手ほどきしてくれる。

特に五体投地行については、著者自身が30年以上にわたり毎日千回余りを継続。800万回を達成しているほどだ。体力や筋力も必要とされる完全に全身を地に着けるチベット式のやり方で行っており「からだを使った究極の瞑想法」と表現。繰り返すほどに神仏の存在を疑わないからだになり、自分自身が祈りの塊になっていくのが感じられるのだという。

著者によると、坐禅で深い呼吸をしたり何か物事に集中したりすると、思考による雑念が取り払われ、細胞自体が命を輝かせるために最善の働きをするようになる。「すると本当に困ったときに、からだが瞬時に答えを出してくれる。それは常に正解であり、からだはどんな思考もかなわない正しい存在となりえるのだ。からだがすべてである」と、行の在り方の極意を強調する。

定価1760円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

7月16日

人間の救済や幸福を追求するはずの宗教が差別や排除を生み出している実態を厳しく告発する。著者は障害児教育を専門とする教師として養護学校などに長年勤め、牧師としても障害や国籍…

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

7月12日

本書の論点は「大乗仏教における小乗蔑視の展開を明らかにすること」にある。それによって著者は、インドに存在した声聞蔑視・声聞乗蔑視が、中国に至って偽経中に声聞批判・声聞乗批…

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

7月12日

東洋哲学研究所の創立者である池田大作SGI会長が昨年死去した。巻頭に桐ヶ谷章・前所長や、親交の深かった中国、ロシアの識者による追悼文を掲載している。 特集「つながらない時…

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)

社説7月19日

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加