PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

満洲国の双廟 ラストエンペラー溥儀と日本…嵯峨井建著

2024年6月27日 17時19分
満洲国の双廟 ラストエンペラー溥儀と日本

海外神社研究をライフワークとしてきた著者の渾身の一冊。「満洲国」に建てられた天照大神を祀る建国神廟と、戦没者を祀る建国忠霊廟の実態に、貴重資料や現地調査、関係者の証言、当時の中外日報をもとに迫る。

祭神の決定には紆余曲折があった。元々は戦没者だけを祀る構想だったが、清の皇帝や漢民族の神々の案も出た。天照大神は多数意見ではなかったが、溥儀側近の吉岡安直は一貫して天照大神を主張。吉岡は、独自の神道思想を説いた筧克彦の信奉者だったという。

ただ最終的な判断は、皇帝自身によると分析。「日本天皇陛下と精神一体」「日本人で満洲国に仇なす者は日本の天皇陛下に不忠」と述べ、関東軍から主導権を奪うためにも天皇の権威を利用しようとしていた溥儀は、天照大神の祭祀は有効だと考えたのだろう。

一方、日本の皇室は消極的だった。建設の決裁を求められた昭和天皇は、いつもと異なり執務の手を止めて説明を求めたという侍従の証言を聞き取っている。「中国の皇帝は由来天を祀るのが通常」と発言したともいう。

神社界との論争、神社局の関与、壮麗な廟建築、独自の祭祀・祭式・装束の制定、日満2カ国語の祭詞、奉祀官の組織も検証し、そして廃絶後の御神体の行方についてもかなり具体的に核心に迫っている。

定価4290円、芙蓉書房出版(電話03・3813・4466)刊。

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

7月16日

人間の救済や幸福を追求するはずの宗教が差別や排除を生み出している実態を厳しく告発する。著者は障害児教育を専門とする教師として養護学校などに長年勤め、牧師としても障害や国籍…

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

7月12日

本書の論点は「大乗仏教における小乗蔑視の展開を明らかにすること」にある。それによって著者は、インドに存在した声聞蔑視・声聞乗蔑視が、中国に至って偽経中に声聞批判・声聞乗批…

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

7月12日

東洋哲学研究所の創立者である池田大作SGI会長が昨年死去した。巻頭に桐ヶ谷章・前所長や、親交の深かった中国、ロシアの識者による追悼文を掲載している。 特集「つながらない時…

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)

社説7月19日

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加