PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

近世民衆の念仏者群像 浄土宗の往生論・往生伝にみる…長谷川匡俊著

2024年6月27日 17時19分
近世民衆の念仏者群像 浄土宗の往生論・往生伝にみる

近世において念仏教団としての浄土宗は、どのように民衆への布教・教化を行っていたのか。幕藩制社会を生きる民衆はどのような信仰を持ち、念仏を称えていたのか――半世紀以上にわたって近世仏教史研究を続ける著者が『往生伝』などの史料を読み解き、当時の人々が共有する理想的な念仏者像を明らかにすることで、近世における僧俗の念仏信仰の在り方に迫る。

著者は長年、浄土宗教団の信仰史の研究に取り組み、教義史や教団史を中心とする従来の仏教史研究に、新しい視点を確立させた。本書は、それらの研究の蓄積を「浄土宗念仏者の理想的人間像」「近世における罪と罰」「生きざまと死にざま―近世浄土宗の女人往生」の三つのテーマに分類、再構成した。本末制度や檀林制度など近世仏教の制度体系と緊張関係をはらみつつも、苦悩を抱える民衆と向き合った僧侶の姿を描き出す。

夜な夜な家族を集めて念仏百万遍を修した尾張藩士小笠原三九郎、慈悲深い性格に加えて日課八万遍におよぶ念仏行を徹底した紀伊国のややなど『往生伝』に描かれる様々な念仏者の生涯を紹介し、仏典や政治権力が求める善人的条件と、念仏の信仰という宗教的条件との兼備という当時の理想的な念仏者像の特徴の一端を示した。

定価2200円、取扱・ディーエスサービス(電話03・5392・0081)。

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

7月16日

人間の救済や幸福を追求するはずの宗教が差別や排除を生み出している実態を厳しく告発する。著者は障害児教育を専門とする教師として養護学校などに長年勤め、牧師としても障害や国籍…

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

7月12日

本書の論点は「大乗仏教における小乗蔑視の展開を明らかにすること」にある。それによって著者は、インドに存在した声聞蔑視・声聞乗蔑視が、中国に至って偽経中に声聞批判・声聞乗批…

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

7月12日

東洋哲学研究所の創立者である池田大作SGI会長が昨年死去した。巻頭に桐ヶ谷章・前所長や、親交の深かった中国、ロシアの識者による追悼文を掲載している。 特集「つながらない時…

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)

社説7月19日

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加