PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

よもやま歴史風土記 琵琶湖水系三都と諸国の「問故知新」…本郷真紹著

2024年6月28日 09時52分
よもやま歴史風土記 琵琶湖水系三都と諸国の「問故知新」

著者は立命館大特命教授で、同大で長年、日本古代史・宗教史を講じてきた。立命館大は関西の私学の雄として知られるが、在学生の半数近くは関西以外の出身者で、学生の父母でつくる父母教育後援会を各都道府県に設置。本書は我が子が学ぶ関西の歴史や文化を知ってもらおうと2018~22年度に後援会のホームページに連載した日本史四方山話を加筆修正して一冊にまとめた。

取り上げているのは近江・山城・摂津を中心に丹波・丹後・播磨・越前・若狭・大和・河内・和泉・淡路・紀伊・伊賀・伊勢の近隣諸国。さらに東北、関東、中四国、九州にも話が及ぶ。いずれも古代史を中心とした人間模様や各地の地勢、風光、旧跡、伝統文化の由来などを親しみやすい筆致でつづっている。

歴代の天皇や有力な政治家、文化人だけでなく、最澄・空海・良弁・良源・行基などの宗教者や寺社の事績・由緒に関する話も多く収録しており、日本の風土形成に果たした宗教の役割の重さを感じさせられる。

著者は「他愛のない逸話の内容を通じて、改めて古き(故)を問い直し、各時代を生きた人間の本性に、ある部分現代と変わりのない要素が存することを知り、歴史に更なる関心を抱いて頂くこと」を願い本書の副題に「問故知新」の造語をうたったとしている。

定価1650円、法藏館(電話075・343・0458)刊。

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

7月16日

人間の救済や幸福を追求するはずの宗教が差別や排除を生み出している実態を厳しく告発する。著者は障害児教育を専門とする教師として養護学校などに長年勤め、牧師としても障害や国籍…

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

7月12日

本書の論点は「大乗仏教における小乗蔑視の展開を明らかにすること」にある。それによって著者は、インドに存在した声聞蔑視・声聞乗蔑視が、中国に至って偽経中に声聞批判・声聞乗批…

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

7月12日

東洋哲学研究所の創立者である池田大作SGI会長が昨年死去した。巻頭に桐ヶ谷章・前所長や、親交の深かった中国、ロシアの識者による追悼文を掲載している。 特集「つながらない時…

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)

社説7月19日

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加