PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

みほとけの推しほとけ…みほとけ著、山本勉監修

2024年7月1日 10時17分
みほとけの推しほとけ

お寺仏像大好き芸人として活躍するみほとけ氏が「推す」48の仏像を紹介する。仏像に込められた信仰、像容や歴史など、その魅力を自ら感じた素直な感想や思い出を交えて「喫茶店で友達におしゃべりしているみたい」に語り尽くす。

日本に7体ある国宝指定の十一面観音菩薩立像をアイドルグループになぞらえて「国宝十一面観音7」、楽器を奏でる平等院の「雲中供養菩薩像」を「パリピ菩薩」と呼ぶなど独自の表現とオリジナルのイラストで魅力を紹介。仏像とアイドルを重ねながら、目の前にした際の感動やありがたさをつづる。

仏像の曲線や衣のしわ、彩色といった像容や寺院、仏像の由緒について、さらにはその仏像が集めてきた信仰の観点から仏像と向き合う。

「信仰」「歴史」「美術」が仏像の魅力を語る上で大切な要素だといい「この三つが光の三原色のように混ざり合い、その仏像にしかない唯一無二の輝きを放ち、私たちの心を動かします」と述べる。

厳選された48の仏像について学べるだけでなく、仏像の物まねやフリップを使ったネタなどを披露する「お笑い芸人」の著者を通して、新たな視点で仏像と向き合う楽しさを知ることができる。

定価1980円、笠間書院(電話03・3295・1331)刊。

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

7月16日

人間の救済や幸福を追求するはずの宗教が差別や排除を生み出している実態を厳しく告発する。著者は障害児教育を専門とする教師として養護学校などに長年勤め、牧師としても障害や国籍…

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

7月12日

本書の論点は「大乗仏教における小乗蔑視の展開を明らかにすること」にある。それによって著者は、インドに存在した声聞蔑視・声聞乗蔑視が、中国に至って偽経中に声聞批判・声聞乗批…

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

7月12日

東洋哲学研究所の創立者である池田大作SGI会長が昨年死去した。巻頭に桐ヶ谷章・前所長や、親交の深かった中国、ロシアの識者による追悼文を掲載している。 特集「つながらない時…

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)

社説7月19日

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加