PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2024年2月21日 09時19分
日本仏教に未来はあるか

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教徒会議山梨・身延山大会での記念講演の内容を基に加筆した。

提言の前提として、戒律や葬式、戒名の歴史的経緯を考察し、現在の日本仏教の問題点をひもとく。葬儀の際の布施額や戒名料の歴史的正当性は不透明で、費用の捻出から得られる対価が在家者にとって少ないと問題視。「葬式仏教」が「日本仏教の中で最大の批判対象であるからこそ、それを改革すれば、社会の認識を大きく変えることができる」とし組織や制度の改革の必要性を説く。

宗派主義的な発想だけにとらわれず、外部組織との連携や第三者評価の導入による「開かれた組織」を目指した改革案を示す。中世以降、日本仏教は「死」に関する事柄に取り組んできた。現代でも病院などと連携し遺族らのケアに取り組むことを日本仏教の優先課題に挙げる。また現行の住職世襲に関しては「『志』のない僧侶の再生産装置」と非難する。その上で「出家者自身が戒律を守れていないにもかかわらず、在家者に戒名を強要するのは大きな矛盾」とし戒律復興による少数精鋭の出家集団の形成を訴える。

定価2750円、春秋社(電話03・3255・9611)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加