PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2024年2月22日 09時46分
ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。

「失敗や間違いの多かった人生に、その終盤に、生半可ではない決意が私には必要だった」とあるように、著者は学生時代に音楽や演劇、ボウリングのプロを目指したり、小説家を志したりしたが、なかなかペンでは食べていけず苦労した。直木賞を受賞するも妻と子ども3人とは別居し、別の女性との間に息子が生まれる。その息子を溺愛してゴルフを習わせ豪州留学までさせるが、プロ資格を競うトーナメントで息子は「わざと失敗」して道をそれる。一念発起した著者は息子に自省を促すべく、シニアのプロに挑戦しようとゴルフに打ち込むが、息子が著者のクレジットカードを使って預金のほぼ全額を引き出してしまう事件が起きる。「無一文」となり、これが出家の決心につながった。

アーチャーラ・コーチャラ(僧の行儀作法と戒に沿った正しい行動)を守るテーラワーダ僧として生きる著者は、旅の最後に、出家前まで暮らしたバンコクに立ち寄って托鉢をする。数年ぶりに会う知り合いたちが目を潤ませ祝福する様子に感銘を受け、過去の不善を善で埋めて生きていく決意を新たにする。

定価1980円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加