PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

ブッダと如来 釈尊のなかの人間性と永遠性…森章司著

2024年2月28日 09時46分
ブッダと如来 釈尊のなかの人間性と永遠性

ブッダ(buddha)と如来(tathāgata)には違いがある――。生涯をかけて原始仏教聖典を研究する著者は近頃、原始経典中に、釈尊が自らのことを「ブッダ」とは言わず「如来」と名乗っていたことを発見した。仏教ではブッダと如来は呼び方の違いであり、漢訳の歴史でも厳密に使い分けることはなかった。だが、全てのパーリ語の原始経典を調べた著者は「釈尊ご自身は、ご自分のことを如来と呼び、決してブッダと呼ぶことはなかった」と解説する。

わずか80㌻だが、仏教の根幹である「如来」「ブッダ」「悟り」「無記」等の定義・解釈について、従来の学説にないような刺激的な内容にあふれ、仏教界に大きな波紋を広げるだろう。同書によれば、諸法の実相を如実知見する智慧を持つ釈尊の人間的な側面を「ブッダ」と呼び、久遠実成たる無限の世界から出現した超人的な側面を「如来」といい、それぞれの悟りも異なるという。

著者の視点はスケールが大きく「2つの言葉の背後に、釈尊が入滅されてから現在までの2500年もの仏教の歴史の中で私たちが気がつかなかった、例えば釈迦仏教と大乗仏教などの真実が隠されている」「本書はその発見の発端だけを語る」と述べている。連続講話会「現代仏教塾」の講演録。

定価1430円、恒河書房(電話045・952・2811)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加