PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

次世代創造に挑む宗教青年 地域振興と信仰継承をめぐって…川又俊則・郭育仁編

2024年2月29日 10時06分
次世代創造に挑む宗教青年 地域振興と信仰継承をめぐって

地方の衰退が叫ばれるようになって久しい。国や自治体も企業誘致や子育て支援による移住促進など数々の地方創生策を打ち出すが、地方の人口減少は一向に歯止めがかからない。同書はこれまで国や自治体があまり関心を払わなかった仏教・神道の青年会や講、新宗教の末端組織といった地域に根差した宗教集団の取り組みから地域活性化のヒントを示すことを目的としている。

内容は宗教的組織の活動事例の紹介が中心で、8人の研究者が各地の調査事例を基に論を展開する。紹介された事例は仏教青年会や御嶽講、立正佼成会、カトリック教会など多岐にわたり、一般的な結論を導くのは困難だが、概してどこも担い手不足に直面し、年々運営が厳しくなる現状がうかがえる。

ただ、地域の枠を超えて同じ課題を共有する人々を見つけ出すことで息を吹き返した御嶽講のような事例には一筋の光明を見いだす思いがする。

それを可能としたのがSNSによるつながりだ。SNSでつながった他講からの助っ人を得て催した火渡りには地域内の一般人も大勢集まったという。著者の一人は「各地に点在する信仰者たちを結びつけるホームはいつも開かれている。そこにアクセスすることで拡がる世界がいまはある」と訴える。

定価2970円、ナカニシヤ出版(電話075・723・0111)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加