PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

人物叢書新装版 高台院…福田千鶴著

2024年3月1日 10時01分
人物叢書新装版 高台院

北政所「ねね」の名前で親しまれる豊臣秀吉の正室・高台院は、テレビドラマで夫を足軽から天下人まで出世させた糟糠の妻として描かれたことで、そのイメージが定着している。著者は学術研究に基づき従来のイメージを見直し、高台院の生涯を追う。

著者は「ねね」で知られる高台院の実名の検討から始める。先行研究を丁寧にたどり、「ねね」「おね」「ねい」など様々な説を分析する。前近代の女性の名前を確定することは難しいとしつつ、高台院の実家や養家で実名として「ねい」が公認されていたとの考えを示す。

もう一つ、高台院をとりまく誤解として秀吉の側室・浅井茶々(淀殿)との関係を挙げる。通説では二人は対立関係にあり、高台院は徳川家を支持したとされるが、跡部信氏は高台院と茶々が連携関係にあったと指摘した。著者はその見解を支持しつつ、高台院の視点から豊臣家存続を共通の目的に二人が連携していた事例を補足する。

高台院に対する様々な誤解を解きほぐしていった上で、人物像を「努力の人」と評する。秀吉に寄り添う献身的な妻だったとされる高台院だが、その生涯を学術研究に基づき叙述することで、等身大の姿を浮き彫りにしている。

定価2530円、吉川弘文館(電話03・3813・9151)刊。

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

差別する宗教 インクルージョンの視座からの告発 鈴木文治著

7月16日

人間の救済や幸福を追求するはずの宗教が差別や排除を生み出している実態を厳しく告発する。著者は障害児教育を専門とする教師として養護学校などに長年勤め、牧師としても障害や国籍…

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

大乗仏教と小乗蔑視 声聞と声聞乗とはどう見られてきたか 大竹晋著

7月12日

本書の論点は「大乗仏教における小乗蔑視の展開を明らかにすること」にある。それによって著者は、インドに存在した声聞蔑視・声聞乗蔑視が、中国に至って偽経中に声聞批判・声聞乗批…

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

東洋学術研究 第63巻第1号 東洋哲学研究所編

7月12日

東洋哲学研究所の創立者である池田大作SGI会長が昨年死去した。巻頭に桐ヶ谷章・前所長や、親交の深かった中国、ロシアの識者による追悼文を掲載している。 特集「つながらない時…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日

平和への課題 政治に無関心ではいけない(7月5日付)

社説7月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加