PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

基本史料でよむ 日本仏教全史…大角修編著

2024年3月8日 14時47分
基本史料でよむ 日本仏教全史

古代から現代までの仏教史料を、各時代の背景と共に解説する。経典に偏らず和歌や漢詩、演劇などの文芸作品を幅広く取り上げ、人々の生活文化に浸透する仏教の歴史をひもとく。全6章から成り、日本仏教史をたどる上で基本となるもの、世相をよく表しているものを抄録しつつ、原文を読むことに主眼を置く。現代語訳や語注、コラムも各章に収録。2009年刊行の『日本仏教史入門―基礎史料で読む』を改訂し「第6章 近現代」を新たに書き下ろした。

第6章では、近現代の仏教に通底する問題点を取り上げる。清沢満之をはじめとする僧侶らにより教義や宗学の刷新が図られた一方で、葬儀や読経などの実践が否定された点を指摘。戦後の僧侶らも先祖供養に意義を見いだせず「生きるための教え」を講じるようになる中、供養による功徳を強調する仏教系新宗教が急成長したと考察する。

伝統宗派に関しては「仏教各宗が近代化をはかりつつ、天皇制国家への順応、さらには国体奉賛の方向に動いていった」と戦争協力の問題に触れる。一方で戦没者追悼法要など戦死者を偲び安寧を願う儀礼の実践こそが「千年をこす仏教の歴史の中でつちかわれた文化力」だとし、平和主義に転じた現代の仏教に求められる重要な役割だと説く。

定価2750円、KADOKAWA(電話0570・002・301)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加