PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

全国名所図会めぐり 航空写真と読み解く歴史絵巻…渋谷申博著

2024年3月12日 09時24分
全国名所図会めぐり 航空写真と読み解く歴史絵巻

江戸期に発刊された「名所図会」を頼りに、現在まで続く神社仏閣と近隣の風景を紹介する。東京と横浜を中心に、京都、奈良、河内、伊勢に注目した。「名所図会」とは現在でいう「観光ガイド」に当たるもの。挿絵に残された信仰の風景に着目し、木版刷りの挿絵と現在の航空写真とを同ページに複数配置することで比較して楽しめるようになっている。

本書によると、上野の寛永寺はかつて30万5千坪の広さを誇り、上野山全体が境内地だった。不忍池は琵琶湖に見立てられていた。そのほか、現在の京都国立博物館(京都市東山区)の裏手には、豊臣秀頼が建立した方広寺の大仏殿があった。1798(寛政10)年の落雷で焼失する以前の挿絵に東大寺の大仏殿と似た様式の建物がそびえる。

コラム「『名所図会』に見る都の祭」では「太秦牛祭」を紹介している。摩多羅神が赤鬼青鬼に扮した四天王を従えて、境内を練ってから奇妙な祭文を読み上げるものだという。元は太秦広隆寺(同市右京区)の境内にあった大酒神社の祭りで、明治維新前後に中絶したこの祭りを再興したのは、近隣の車折神社の宮司を務めた富岡鉄斎であったという。小さなうんちくが各項にあり、読者を飽きさせない。

定価1980円、G.B.(電話03・3221・8013)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加