PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

法華仏教研究 第37号…法華仏教研究会編

2024年3月19日 10時46分
法華仏教研究 第37号

2009年の創刊から15年、日蓮聖人門下が宗派を超えて論考を寄せている。今号には村上東俊氏「日蓮聖人の後期花押に関する考察」、川﨑弘志氏「松尾剛次稿『日蓮伝再考』への反論」、佐藤弘夫氏「顕現する仏たち―生身と中世仏教」、菊地大樹氏「偽書と伝授―語り得ぬものを語ること」などを収録する。

巻頭の村上氏の論文は、第33号掲載「日蓮聖人の前期花押の特徴と母字に関する考察」に続くもの。日蓮聖人の花押については昭和初期、山川智應が梵字を母字とするとの解釈を提示して以降定説となってきたが、村上氏が聖人の名の一字「蓮」を基にしたものだと論じるなど、近年議論が活発になっている。

村上氏は遺文の文字一つ一つを比較検討し、当時の時代背景も視野に、聖人晩年の花押の変化に迫る。緻密な検証の末、母字が蓮の草書体から楷書体に変わったと結論。その理由として重篤な「はらのけ(下痢)」からの回復を挙げ、「法華経の行者としての自覚の深化や法華経至上主義がより強固になることで、それが後期花押へ変化する契機になった」との考えを示す。またこの頃流行した疫病が『立正安国論』執筆時の疫病に匹敵するほどひどいものだったことも要因の一つと指摘する。

頒布価格2500円、法華仏教研究会(メール)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加