PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

求道の越境者・河口慧海 チベット潜入ルートを探る三十年の旅…根深誠著

2024年3月27日 12時30分
求道の越境者・河口慧海 チベット潜入ルートを探る三十年の旅

今日、人類の目は地球外の無限空間である宇宙に向いているが、15世紀半ばから始まった大航海時代の後、探検家たちが未知なる秘境を目指して世界を歩いた地球大発見の時代が続いた。ブッダの教えを求めて求道の旅に出た法顕や玄奘三蔵と並んで知られる日本人僧の河口慧海も、その歴史に名を刻んでいる。本書は、1900年にネパールからヒマラヤを越えて単身チベットを行脚した慧海のチベット潜入経路を実際に探索した、仏教世界を巡る長い旅の記録である。

明治大山岳部OBの著者は、ヒマラヤの未踏峰6座に初登頂を果たすなど、国内外の山岳を愛する登山家である。「求道の越境者・慧海」の偉業に魅せられ、いつか慧海のチベット潜入経路を自分の足で踏査したいと夢見ていた。願いを抱いてヒマラヤに足を踏み入れてから半世紀、チベットの現地調査は30年以上に及ぶ。慧海の潜入経路を確かめながら土地の人々と交流し、日常の暮らしや風俗を書き留めた内容は、慧海の時代からタイムスリップした現代の『チベット旅行記』と言うべき豊富さと面白さに満ちている。

ヒマラヤ一円を踏査した試みを、著者は「パイオニア・ワーク」と自ら呼んでいる。それは慧海の「求道」の誓願に導かれての旅であったと言ってもよい。

定価3300円、中央公論新社(電話03・5299・1730)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加