PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

幡谷明 講話集1 浄土文類聚鈔講義…幡谷明著

2024年3月27日 12時30分
幡谷明 講話集1 浄土文類聚鈔講義

幡谷明(1928~2021)は、島根県浜田市生まれ、顕正寺前住職。真宗学を究め、大谷大教授や董理院董理を歴任した。40年に及ぶ膨大な講義録の中から、講議を厳選してまとめた。

同講話集は、2025年4月までに全7巻を刊行する予定だ。第1巻は、教行信証と文類聚鈔の成立前後に関する先行研究を検討した。約550㌻に及ぶが、話し言葉で記されているため、「聞く」ように読むことができる。

この講話集は、山口県周南市の篤信者、故山本秀晃氏の自宅で毎月1回開かれた通称「幡谷法座」を門徒と山本氏がまとめ、幡谷氏が加筆修正した。

幡谷氏は21年11月に還浄、山本氏も同年2月に死去したが作業は弟子たちに相続され、刊行に至った。巻末奥付には、満面の笑みをたたえた著者の写真が付された。謦咳に接した弟子や門徒たちから慕われた姿が偲ばれる。

第2巻「文類偈講義」、第3巻「唯信鈔文意講義」、第4巻「浄土三経往生文類講義」、第5巻「浄土論註講義上」、第6巻「浄土論註講義下」、第7巻「講話集 帰るべき世界」と続く。11月末までセット割り引きも受け付けている。

定価4400円、法藏館(電話075・343・5656)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加