PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

そのとき門はひらかれた 法然上人ものがたり…中川学絵

2024年3月28日 09時47分
そのとき門はひらかれた 法然上人ものがたり

浄土宗西山禅林寺派が立教開宗850年の記念事業の一環として発刊した絵本で、宗祖法然上人が開顕した専修念仏の法門の要諦と上人の生涯を一般にも分かりやすく伝える。

作画は近年伝統仏教界でも人気が高まっているイラストレーターの中川学氏(京都市中京区・禅林寺派瑞泉寺住職)が担当。豊かな色彩や登場人物などの躍動感の緩急・動静の妙が抜群で、そこに通底する穏やかな画風が読者の心に安らぎをもたらす。従来の伝記・教化書籍にはないインパクト十分の仕上がりになっており、他宗派でも話題にする僧侶が見られる。

他方、法然上人の出家の因縁や上人が『観経疏』から見いだした「開宗の文」について、通説とは異なる説を採用している点にも画期がある。これは立教開宗850年を機とした禅林寺派内の研究に基づく知見で、最古期の法然伝である『法然上人伝記』(醍醐本)の説に基づく。

通説の「開宗の文」は「一心専念の文」だが、本書では「上来雖説定散両門之益望仏本願意在衆生一向専称弥陀仏名」の一文を取り上げている=写真。個性的な作画の妙に加えて、ある種の問題提起も含んだ一冊。浄土門各派に反響が広がりそうだ。

定価2200円、アリス館(電話03・5976・7011)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加