PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

ブッダという男 ―初期仏典を読みとく…清水俊史著

2024年3月29日 09時06分
ブッダという男 ―初期仏典を読みとく

初期仏典(経蔵・律蔵・論蔵)などを丹念に読み解き、2500年前のブッダの先駆性を問い直す。差別や戦争などを否定した平和主義者と評価する従来のブッダ論を再検討した上で、いずれも歴史から引き離された解釈だったことを明らかにしようと試みる。

本書では、主に従来のブッダ研究の方法論上の問題点を取り上げている。多くの仏教学者はブッダを考察する際、初期仏典に含まれている神話的要素を取り除いた。その結果「男女平等を説いた平等主義者」と評価する解釈が生まれたが、著者は「ブッダやイエスが生きた時代に、現代的な意味での平等主義やフェミニズムといった価値観は存在しなかった」と批判する。

従来の方法論による研究では、分析の際に初期仏典の韻文部分が多く用いられてきた。しかし当時の仏教徒は仏法が歪められる恐れがあるとし、韻文を権威ある聖典として認めなかったと指摘。ブッダの先駆性を再考するには、散文資料やバラモン教などの他宗教の聖典を読み解く必要性があると説く。

他宗教に吸収されず瞑想や苦行を否定し、知恵による解脱で世界を認識できるとした点に、ブッダの独自性を見る。後書きでは他の学者による著者へのアカデミックハラスメントや出版妨害の経緯についても触れている。

定価968円、筑摩書房(電話03・5687・2601)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加