PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

私を助けてくれた50の禅語 こころが調う ゆる禅語…田中ひろみ著

2024年4月10日 09時41分
私を助けてくれた50の禅語 こころが調う ゆる禅語

仏像に関する著作を手掛けるイラストレーターで文筆家の著者が、訪問先の寺院で感銘を受けた禅語をイラストと共に平易な言葉で解説する。『法華経』『臨済録』『東坡禅喜集』などの仏典や詩集から50個の禅語を選定し、悩みを抱えた人々へ生きるヒントを示す。

禅語の奥深さについて、著者の経験を交えながら語っているのが本書の特徴だ。「幸せはすでに手の中にある」を意味する「明珠在掌」の項目では、自身の乳がんの闘病経験を振り返る。乳がんの手術後に桜を見た時「今を生きられることがこんなに幸せなんだと、心から思った」と実感し「真に大切な宝物は、実はどこか遠くへ行って探すものではなく、自分の手のなかにありました」と「明珠在掌」の気付きを得たと述べる。

「一行三昧」「壺中日月長」の項目では写仏用の仏画を掲載。写仏を通じて一点に集中すること、夢中になれるものを見つけることを読者に勧める。「集中することで思考をリセットして、心と体をよい状態に保つことが必要」だと説く。

付録として坐禅の基本的な呼吸法や手の組み方、宗派ごとの違い、初心者でも坐禅体験ができる寺院なども紹介している。

定価1430円、京都芸術大学東北芸術工科大学出版局藝術学舎(電話03・5412・6102)刊。

スマナサーラ長老が道元禅師を読む

スマナサーラ長老が道元禅師を読む…アルボムッレ・スマナサーラ著

5月20日

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老の著者からすると、道元は「仏道をしっかり歩んでいるえらい先輩のお坊さん」として見えるのだそうだ。そこで、道元の教えに関心を寄せる…

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く…柴佳世乃著

5月17日

古くから仏教儀礼の根幹をなす声の重要性には絶えず注意が払われてきた。中世に至ると、様々な芸能が口伝と師資相承を伴って芸道として立ち現れた。とりわけ法華経の読誦は、正確な字…

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!…英月著

5月16日

浄土宗や浄土真宗の根本経典として広く親しまれている、浄土三部経の一つの『阿弥陀経』。本書では、そこに説かれる極楽浄土のありさまを学ぶ「阿弥陀経ツアー」が開かれ、著者がツア…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加