PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

2024年4月11日 14時50分
日本中世の地方社会と仏教寺院

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側はどのように受け止めたか。規定されない面に関しては、その自律性はどのような特徴があるのか」と表明する。こうした課題を踏まえ、室町期の北陸地域(越前・若狭・加賀)を対象に、仏教寺院を通して地方社会の特質を解明しようと試みている。

「真宗王国」としてではなく、白山信仰や時衆(時宗)、真言宗など多様な信仰や宗派の寺院を取り上げ、その動向を検討。その上で地方寺院を通して、朝廷や幕府、本寺など中央権力につながる様々なレベルの支配が地方社会に与えた影響を考察していく。

室町将軍家の祈願寺院認定が地方寺院の宗教機能を充実させるとともに本寺による認定の斡旋が本末関係強化の契機となったこと、異なる宗派であっても地方寺院に現実的な利益をもたらす政治的権威として延暦寺が影響力を持っていたこと、東寺の修造勧進など中央の寺院が主導した勧進活動が地方の宗教社会構造に影響を与えたこと、またそうした影響力を巡って寺院間で競合や競争があったことなどを指摘する。中世の国家的秩序と地方社会の構造に新たな視座を提示する一冊。

定価9350円、吉川弘文館(電話03・3813・9151)刊。

スマナサーラ長老が道元禅師を読む

スマナサーラ長老が道元禅師を読む…アルボムッレ・スマナサーラ著

5月20日

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老の著者からすると、道元は「仏道をしっかり歩んでいるえらい先輩のお坊さん」として見えるのだそうだ。そこで、道元の教えに関心を寄せる…

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く…柴佳世乃著

5月17日

古くから仏教儀礼の根幹をなす声の重要性には絶えず注意が払われてきた。中世に至ると、様々な芸能が口伝と師資相承を伴って芸道として立ち現れた。とりわけ法華経の読誦は、正確な字…

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!…英月著

5月16日

浄土宗や浄土真宗の根本経典として広く親しまれている、浄土三部経の一つの『阿弥陀経』。本書では、そこに説かれる極楽浄土のありさまを学ぶ「阿弥陀経ツアー」が開かれ、著者がツア…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加