PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

2024年4月12日 14時33分
仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「浄なるものと不浄なるもの」「個人的宗教行為と集団的宗教行為」という3対の基礎概念で捉えている。問う中でキリスト教の自然観を再考する手掛かりを探したいという友人に対し、応答者は仏教学の視座から日本の自然と宗教を考察する。

問いの第1は「自然とは何ですか?」。この問いがすでに日本人の自然観の本質に迫ろうとしている。第2は「仏教はいかに広がったのですか?」、第3は「密教とは何ですか?」、第4は「日本人にとってキリスト教とはどのような存在なのでしょう?」、第5は「神道と仏教の関係とは何ですか?」、第6は「仏教において憑依はどのように捉えられているのでしょうか?」――仏教タントリズム(密教)を知る上でも憑依現象を正しく理解する必要がある。

最後の問いは「『ブッダをワーシップする』とはどのようなことでしょうか?」。ブッダ崇拝とは何か。歴史上のゴータマ・ブッダと、悟った者としての仏たちへの崇拝は異なる。ブッダの多様なイメージに対応して崇拝の在り方も違ってくる。

定価1870円、西日本出版社(電話06・6338・3078)刊。

スマナサーラ長老が道元禅師を読む

スマナサーラ長老が道元禅師を読む…アルボムッレ・スマナサーラ著

5月20日

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老の著者からすると、道元は「仏道をしっかり歩んでいるえらい先輩のお坊さん」として見えるのだそうだ。そこで、道元の教えに関心を寄せる…

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く…柴佳世乃著

5月17日

古くから仏教儀礼の根幹をなす声の重要性には絶えず注意が払われてきた。中世に至ると、様々な芸能が口伝と師資相承を伴って芸道として立ち現れた。とりわけ法華経の読誦は、正確な字…

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!…英月著

5月16日

浄土宗や浄土真宗の根本経典として広く親しまれている、浄土三部経の一つの『阿弥陀経』。本書では、そこに説かれる極楽浄土のありさまを学ぶ「阿弥陀経ツアー」が開かれ、著者がツア…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加