PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

2024年4月15日 10時54分
歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神典解釈、元寇と放生会の興隆、出雲国の神職支配体制、幽世をつかさどる神としての大国主と教派神道、鎮魂帰神法と折口信夫論など、テーマは多岐にわたる。

鈴木正崇氏は、山伏神楽が盛んな岩手県で2004年に104年ぶりに「大乗會」を復活させた事例を紹介。大乗會は別当職の継承や本尊開帳などに合わせて大掛かりに行われた。修験道廃止令以後も独自に「法印」という伝承者の資格や「得度」と呼ばれる伝授儀式を定めて継承してきた。

平成初期には上演の機会が減っていたが市町村合併を機に設置された博物館を公演の拠点に活用。文化庁の予算を得て調査・考証が行われ、04年に北上市煤孫で大乗會が復活した。この事業は民俗学者が関与した。

宮城県の法印神楽や奥三河の花祭を参考にした部分もあり「復元にはかなりの無理もあった」と指摘するが、町おこしとしては効果があり、新史料の発見にもつながったと評価する。文化財行政の影響、研究者の立場、芸能に込められた思想の現代的継承など数多くの論点を暗に提示している。

定価3850円、法藏館(電話075・343・5656)刊。

スマナサーラ長老が道元禅師を読む

スマナサーラ長老が道元禅師を読む…アルボムッレ・スマナサーラ著

5月20日

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老の著者からすると、道元は「仏道をしっかり歩んでいるえらい先輩のお坊さん」として見えるのだそうだ。そこで、道元の教えに関心を寄せる…

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く…柴佳世乃著

5月17日

古くから仏教儀礼の根幹をなす声の重要性には絶えず注意が払われてきた。中世に至ると、様々な芸能が口伝と師資相承を伴って芸道として立ち現れた。とりわけ法華経の読誦は、正確な字…

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!…英月著

5月16日

浄土宗や浄土真宗の根本経典として広く親しまれている、浄土三部経の一つの『阿弥陀経』。本書では、そこに説かれる極楽浄土のありさまを学ぶ「阿弥陀経ツアー」が開かれ、著者がツア…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加