PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

キルケゴールのキリスト論 同時代のヘーゲル主義者との関係で…鹿住輝之著

2024年4月24日 09時39分
キルケゴールのキリスト論 同時代のヘーゲル主義者との関係で

デンマークの哲学者・キルケゴールの思想や体系批判は長年、ヘーゲルと結び付けられて解釈されてきた。しかし近年の研究で、キルケゴールの批判がJ・L・ハイベアやH・L・マーテンセンといった同時代のデンマークのヘーゲル主義者らに向けたものだったこと、同時にキルケゴールが彼らと同じ問題意識を共有していたことが明らかになった。

当時デンマーク社会は敬虔主義や啓蒙主義の台頭、自由主義憲法を求める動きなどによって宗教改革以来の国家教会制度が大きく揺らぎ、国民に信教の自由が認められる危機的変化を迎えた。ハイベアとマーテンセン、キルケゴールは既存の絶対王政を攻撃する自由主義者らに保守派の立場から応答する著作を残したが、前者2人が社会の危機に対する解決策としてヘーゲル哲学やその影響を受けた神学を用いたのに対し、キルケゴールはその解決策がさらなる混乱を招くと考えた。

著者はその相違の核心を探るべく、三者が展開したキリスト論を解き明かす。伝統に再度価値を与え復興しようとするハイベアらに対し、キルケゴールはキリストを社会集団の規範と異なる領域に置く。本書はキリスト教的価値観の崩壊に対する三つの異なる考えを示し、キルケゴールのキリスト論と彼の問題意識を深く、明瞭に理解しようと試みる。

定価4950円、新教出版社(電話03・3260・6148)刊。

スマナサーラ長老が道元禅師を読む

スマナサーラ長老が道元禅師を読む…アルボムッレ・スマナサーラ著

5月20日

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老の著者からすると、道元は「仏道をしっかり歩んでいるえらい先輩のお坊さん」として見えるのだそうだ。そこで、道元の教えに関心を寄せる…

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く…柴佳世乃著

5月17日

古くから仏教儀礼の根幹をなす声の重要性には絶えず注意が払われてきた。中世に至ると、様々な芸能が口伝と師資相承を伴って芸道として立ち現れた。とりわけ法華経の読誦は、正確な字…

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!…英月著

5月16日

浄土宗や浄土真宗の根本経典として広く親しまれている、浄土三部経の一つの『阿弥陀経』。本書では、そこに説かれる極楽浄土のありさまを学ぶ「阿弥陀経ツアー」が開かれ、著者がツア…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加