PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

ルポ 宗教と子ども 見過ごされてきた児童虐待 毎日新聞取材班編

2024年4月25日 09時40分
ルポ 宗教と子ども 見過ごされてきた児童虐待 毎日新聞取材班編

安倍元首相銃撃事件を受け、宗教2世たちの苦難を丁寧に聞き取ると同時に、国や自治体、医療機関が宗教2世の問題にどう対応してきたかを検証するルポ。多くの宗教2世が心身両面に深い傷を負いながらも救いの手が差し伸べられず、社会の中の「見えない存在」になっていた様子を浮き彫りにしている。

なぜ、宗教を背景にした児童虐待が社会の中で見過ごされてきたのか。この点を考える上で、同書に掲載されている児童相談所を設置する自治体へのアンケート結果が興味深い。2017~22年度に宗教的虐待に関する通告・相談を「受けたことがある」と回答したのは29自治体で78件もあった。

一方で、憲法で保障された「信教の自由」に関連するため、児童相談所が介入をためらう様子も明らかにされている。こうした問題を踏まえ、同書は厚生労働省が22年に宗教的虐待の対応指針を初めてまとめ、全国の自治体に通知したことを評価する。

同書でも紹介されている通り、これまでにもエホバの証人の信者が自らの子への輸血を拒否する問題やオウム真理教の施設内で親と引き離されて暮らす子どもの存在など、社会が宗教2世の問題に気付いて対応するチャンスはあったのではないか。もっと社会は子どもの人権に真剣に向き合うべきだろう。

定価2200円、明石書店(電話03・5818・1172)刊。

スマナサーラ長老が道元禅師を読む

スマナサーラ長老が道元禅師を読む…アルボムッレ・スマナサーラ著

5月20日

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老の著者からすると、道元は「仏道をしっかり歩んでいるえらい先輩のお坊さん」として見えるのだそうだ。そこで、道元の教えに関心を寄せる…

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く…柴佳世乃著

5月17日

古くから仏教儀礼の根幹をなす声の重要性には絶えず注意が払われてきた。中世に至ると、様々な芸能が口伝と師資相承を伴って芸道として立ち現れた。とりわけ法華経の読誦は、正確な字…

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!…英月著

5月16日

浄土宗や浄土真宗の根本経典として広く親しまれている、浄土三部経の一つの『阿弥陀経』。本書では、そこに説かれる極楽浄土のありさまを学ぶ「阿弥陀経ツアー」が開かれ、著者がツア…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加