PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

『般若心経幽賛』を読む 唯識の修行…吉村誠著

2024年4月26日 09時01分
『般若心経幽賛』を読む 唯識の修行

唐代に法相宗を開いた基(慈恩大師)による般若心経(心経)の注釈書『般若心経幽賛』(『幽賛』)の初めての解説書。心経を玄奘がもたらした新来の唯識説と解釈すべきだと主張する基が、瑜伽行唯識派の立場から『般若経』を解釈し、中観派に対する優位性を示そうとした『幽賛』の神髄を明らかにする。

心経は日本で最も多くの人に親しまれている経典の一つだが、心経について語られる際に『幽賛』が引用されることはほとんどない。筆者は、中観派の二諦説を批判し、瑜伽行派の三性説や非有非空中道の立場から心経を解釈し、修行の重要性を強調した『幽賛』を読み解くことで、近年、注目されている「唯識の修行論」の全体像や中観派との相違点を明確にしている。

『幽賛』で基は「空」や「行」の解釈について、勝空者(中観派)と如応者(瑜伽行派)の解釈を併記することで、唯識思想の中観思想に対する優位性を示そうとしている。修行不要論や虚無主義に陥りかねない中観派の思想を批判し、観自在菩薩に倣い六波羅蜜多を実践し、菩薩の道を歩むことを促す記述からは、五姓各別説で一切皆成を否定した僧という従来の印象とは異なる「衆生を励まし菩薩の自覚を持たせようとする」基の姿が見える。

定価2970円、春秋社(電話03・3255・9611)刊。

スマナサーラ長老が道元禅師を読む

スマナサーラ長老が道元禅師を読む…アルボムッレ・スマナサーラ著

5月20日

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老の著者からすると、道元は「仏道をしっかり歩んでいるえらい先輩のお坊さん」として見えるのだそうだ。そこで、道元の教えに関心を寄せる…

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く…柴佳世乃著

5月17日

古くから仏教儀礼の根幹をなす声の重要性には絶えず注意が払われてきた。中世に至ると、様々な芸能が口伝と師資相承を伴って芸道として立ち現れた。とりわけ法華経の読誦は、正確な字…

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!…英月著

5月16日

浄土宗や浄土真宗の根本経典として広く親しまれている、浄土三部経の一つの『阿弥陀経』。本書では、そこに説かれる極楽浄土のありさまを学ぶ「阿弥陀経ツアー」が開かれ、著者がツア…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加