PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

老作家僧のチェンマイ托鉢百景 2023雨安居全日録…笹倉明著

2024年5月15日 10時32分
老作家僧のチェンマイ托鉢百景 2023雨安居全日録

「異国へ落ち延びた落人作家」と自らを称する著者が、タイの僧院での暮らしや歩きながら考えたことをつづる。仏教徒たちとの交流からは南国のおおらかさが感じられ、肉食で僧侶に肥満の多いことや、信者の高齢化や僧侶の減少という現実も興味深い。

著者は『遠い国からの殺人者』で直木賞を受賞した小説家。離婚や金銭問題があり、2016年にチェンマイの寺で出家した。70歳を超える年齢で、毎朝托鉢に歩く道のりは往復4㌔。僧への施しは徳を積むことであり、人々は善果を得るため果物や飲み物、手作りの総菜、現金などを鉢に入れてくれる。毎日家の前で待つ「お得意さま」のほか、通りすがりに布施する人もいて、持ちきれない供物は信者が車で運ぶほどだ。

托鉢、瞑想、勤行の修行生活を送るが「人は、みずからの過去と無縁になることはできない」と記す。作家としての半生を「いわば『業』の罪を積み上げながら書いてきたようなものだったか」と振り返り「業の結果の引き受け義務」を背負いながら生きていこうとする心境も吐露される。日本で波乱の生き方をしてきた著者だけに、後書きに記された「無常は『苦』であるけれども絶望する必要などはまったくない」の言葉に勇気づけられる。

定価2420円、論創社(電話03・3264・5254)刊。

スマナサーラ長老が道元禅師を読む

スマナサーラ長老が道元禅師を読む…アルボムッレ・スマナサーラ著

5月20日

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老の著者からすると、道元は「仏道をしっかり歩んでいるえらい先輩のお坊さん」として見えるのだそうだ。そこで、道元の教えに関心を寄せる…

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く…柴佳世乃著

5月17日

古くから仏教儀礼の根幹をなす声の重要性には絶えず注意が払われてきた。中世に至ると、様々な芸能が口伝と師資相承を伴って芸道として立ち現れた。とりわけ法華経の読誦は、正確な字…

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!

浄土の歩き方 行きたいと思ったときに来てくれるのが阿弥陀の国!…英月著

5月16日

浄土宗や浄土真宗の根本経典として広く親しまれている、浄土三部経の一つの『阿弥陀経』。本書では、そこに説かれる極楽浄土のありさまを学ぶ「阿弥陀経ツアー」が開かれ、著者がツア…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加