PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く…柴佳世乃著

2024年5月17日 10時46分
仏教儀礼の音曲とことば 中世の〈声〉を聴く

古くから仏教儀礼の根幹をなす声の重要性には絶えず注意が払われてきた。中世に至ると、様々な芸能が口伝と師資相承を伴って芸道として立ち現れた。とりわけ法華経の読誦は、正確な字音の読みに加えて音曲面が重視され、秘事口伝が生じて徐々に芸道として形を整えた。これを「読経道」という。

後白河院、後鳥羽院、後嵯峨院の院政期に形作られた読経道は、書写山(書寫山)圓教寺で盛んとなり、口伝や譜本が残された。

本書は仏教儀礼の歴史的展開を、ことばと音曲の両面から俯瞰する。読経音曲とはどのようなもので、実際にどのような声が響いていたのか。今日では不明な点が多いが、可能な限りその実態に迫った。

例えば後白河院代に作られ、如意輪観音の功徳をうたう澄憲の「如意輪講式」は、ことばに音曲を付して聴衆を教化する唱導において、重要な役割を担った。同講式は澄憲が書写山に参籠して作成され、七段と長大な構成ながら「全体が美麗な秀句・対句で貫かれている。経典類を自在に引用して隙が無い」とする。

同講式の翻刻・訓読を巻末に付し、織り込まれた経文の分析や復元実唱に取り組んだ。声の威力や功徳によって、仏教儀礼が洗練され芸道化した経緯を明らかにしている。

定価9900円、法藏館(電話075・343・0458)刊。

『大無量寿経』読本1

『大無量寿経』読本1…北塔光昇著

6月13日

浄土真宗の根本所依の経典である『仏説無量寿経』を一般の人が分かるように解説した。ただ、この経典は内容が深く分量も多いことからこの後、数回の出版を予定する。 読本1は『大無…

神武天皇の歴史学

神武天皇の歴史学…外池昇著

6月12日

挑戦的な本書の書名にはある種の皮肉が込められている。戦後の歴史学が、神武天皇の研究を怠ってきたという問題提起だ。実在か否か、紀元節復活への賛否を問わず、神武天皇の物語と古…

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」…片山恭一著

6月3日

「競馬の祭典」と称され全てのホースマンにとっての憧れの日本ダービーを牝馬ウオッカで、世界最高峰レースの一つドバイワールドカップをヴィクトワールピサで、国内外の数々の大レー…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加