PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

スマナサーラ長老が道元禅師を読む…アルボムッレ・スマナサーラ著

2024年5月20日 10時18分
スマナサーラ長老が道元禅師を読む

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老の著者からすると、道元は「仏道をしっかり歩んでいるえらい先輩のお坊さん」として見えるのだそうだ。そこで、道元の教えに関心を寄せる読者のために「難解至極な道元禅師の言葉を、ブッダの教えに照らして明らかにし、日々の暮らしの支えになるよう」読み解いていくことを本書の狙いとして掲げている。

道元の主著『正法眼蔵』のうち、そのエッセンスともいえる「現成公案」の巻を中心に取り上げつつ、編集者との対話形式によって解釈を深めながら分かりやすく読者に伝えていく体裁を取っている。とりわけ「仏道をならふといふは、自己をならふなり」という現成公案の一節を、仏教そのものを要約した本質に当たるような言葉だとして高く評価する。この一節に込められた道元の意図について、時にパーリ経典におけるブッダの教えを参照しながら、本書全体を通じて明らかにしていく。

さらにはその実践についても、特別な場所で特別な修行をせずとも人生を禅そのものとして、日常の暮らしの中の物事を受け止め、それを行っている自分自身を真剣に観察することで自己を学ぶことができると著者は説いている。

定価1650円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

『大無量寿経』読本1

『大無量寿経』読本1…北塔光昇著

6月13日

浄土真宗の根本所依の経典である『仏説無量寿経』を一般の人が分かるように解説した。ただ、この経典は内容が深く分量も多いことからこの後、数回の出版を予定する。 読本1は『大無…

神武天皇の歴史学

神武天皇の歴史学…外池昇著

6月12日

挑戦的な本書の書名にはある種の皮肉が込められている。戦後の歴史学が、神武天皇の研究を怠ってきたという問題提起だ。実在か否か、紀元節復活への賛否を問わず、神武天皇の物語と古…

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」…片山恭一著

6月3日

「競馬の祭典」と称され全てのホースマンにとっての憧れの日本ダービーを牝馬ウオッカで、世界最高峰レースの一つドバイワールドカップをヴィクトワールピサで、国内外の数々の大レー…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加