PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

もう1人の自分 「魂の賢者」を呼び覚ます…高橋佳子著

2024年5月29日 10時00分
もう1人の自分 「魂の賢者」を呼び覚ます

戦争や災害などの様々な問題に直面する社会の中で生まれてくる「何を頼りに、拠り所にすればよいのか」「どう生きていけばよいのか」という問いに対し、導き手の役割を果たす自己の内面の「もう1人の自分」を引き出す方法を分かりやすく説いた一冊。

著者は、いつもの自分自身を水面の上に現れている氷山に例え、普段は水面下に隠れ、自らも意識していない部分を「もう1人の自分」と表現する。これをつかさどるのは心の奥にあり潜在意識に通じる「魂」であり、人間は誰もが、魂が眠り「もう1人の自分」を忘れた状態で人生を始めるという。この状態を解除し「もう1人の自分」を育てることが、人生における難局=鍵のかかった扉の暗号を解く鍵になると著者は強調する。

実際の事例として著者が助言した5人の体験を紹介。体が弱く引っ込み思案だったが、電車事故で足を失ったことから、障害者スポーツ大会で記録を更新するまでになった女性。エリートとしてキャリアを積んでいた矢先に会社で孤立し、共に働く人々を尊重することの大切さに気付いた男性。各自が大きな試練に直面し、それまでの人生で培ってきた価値観や行動のパターン、自信などの「見えない心の殻」を破って「もう1人の自分」に出会うまでの道筋や気付きが語られている。

定価1980円、三宝出版(電話03・5828・0600)刊。

『大無量寿経』読本1

『大無量寿経』読本1…北塔光昇著

6月13日

浄土真宗の根本所依の経典である『仏説無量寿経』を一般の人が分かるように解説した。ただ、この経典は内容が深く分量も多いことからこの後、数回の出版を予定する。 読本1は『大無…

神武天皇の歴史学

神武天皇の歴史学…外池昇著

6月12日

挑戦的な本書の書名にはある種の皮肉が込められている。戦後の歴史学が、神武天皇の研究を怠ってきたという問題提起だ。実在か否か、紀元節復活への賛否を問わず、神武天皇の物語と古…

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」…片山恭一著

6月3日

「競馬の祭典」と称され全てのホースマンにとっての憧れの日本ダービーを牝馬ウオッカで、世界最高峰レースの一つドバイワールドカップをヴィクトワールピサで、国内外の数々の大レー…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加