PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

続蔵経解題…河村孝照編著

2024年5月31日 10時00分
続蔵経解題

中国仏教典籍を網羅した『大日本続蔵経』(続蔵経)。刊行から60年後に新編纂された全90巻からなる『新纂大日本続蔵経』所収1671の経典から330の経典の解説を収録したのが本書だ。

『新纂大日本続蔵経』の編纂主任を務めた河村孝照氏は編纂に当たり、各資料の序文や後書き、出版の時期・場所・刊行者を記した刊記、書写・入手の由来を書いた識語などに注目し、記録した。同書への関心を喚起するために小冊子『続蔵解題』を自費制作し、1983年から97年までに13冊を発行した。

各経典の序文や後書きには、教義をまとめたものや人物伝、歴史の紹介、執筆の経緯など多種多様な内容が記されている。例えば、新出資料として『新纂大日本続蔵経』に収録された『因明入正理論略抄』『因明入正理論後疏』は仏教学者・武邑尚邦氏により発見されたことなどを記述する。

河村氏は「『続蔵経』という宝の山にはまだまだ多くの金鉱脈がある。たとえば続蔵経中の人物伝を拾って頂ければ僧伝・仏教史ともなり、宋代以降の資料が蒐集されているのであるから、充分研究に堪えうる」とし、さらなる研究の推進と全解題の完成を願う。

今年100歳を迎えた編者が将来を担う研究者に託す『続蔵経』研究の手引書。

定価2万4200円、国書刊行会(電話03・5970・7421)刊。

『大無量寿経』読本1

『大無量寿経』読本1…北塔光昇著

6月13日

浄土真宗の根本所依の経典である『仏説無量寿経』を一般の人が分かるように解説した。ただ、この経典は内容が深く分量も多いことからこの後、数回の出版を予定する。 読本1は『大無…

神武天皇の歴史学

神武天皇の歴史学…外池昇著

6月12日

挑戦的な本書の書名にはある種の皮肉が込められている。戦後の歴史学が、神武天皇の研究を怠ってきたという問題提起だ。実在か否か、紀元節復活への賛否を問わず、神武天皇の物語と古…

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」

馬をたすけ 人をたすけ 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」…片山恭一著

6月3日

「競馬の祭典」と称され全てのホースマンにとっての憧れの日本ダービーを牝馬ウオッカで、世界最高峰レースの一つドバイワールドカップをヴィクトワールピサで、国内外の数々の大レー…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加