PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

如来の言葉

〈コラム〉風鐸2024年3月6日 15時08分

釈尊の入滅を偲ぶ涅槃会が過ぎると、今度は誕生を祝う花まつりが来る。約2500年前にインドで生まれた仏教が中国、朝鮮を経て伝来し、現代の日本でも親しまれていることを考えると何とも感慨深い◆ただ釈尊の教えには妙に分かりにくいことが多い。例えば誕生直後に語った「天上天下唯我独尊」は「生きとし生けるものみんなが尊い」などと一般的に解釈されているが、文字通りであれば、そのようには読むことはできない◆原始経典に精通する森章司・東洋大名誉教授の近著『ブッダと如来』によると、パーリ語の原始経典で、釈尊が自らを称す際、「如来は」とし、「ブッダは」とは一切言わないという◆釈尊は独悟しただけではなく、過去の諸仏の流れをくむ「如来」だとの自覚があったからだと解説する。そう教えられると、経典に現れる人間離れした表現や事績も、そのまま理解した方がいいのかもしれない◆近現代において仏教は哲学的な側面が前面に押し出され、「人間ブッダ」が強調されてきた。そのため輪廻や過去仏などは神話とされ、超人的な伝承は脚色として理解されてきた節がある。だが釈尊が在世中に自身を久遠実成・如来だと称しているのであれば「天上天下唯我独尊」はそのまま「我のみが尊い」と解釈すればよいのではないか。花まつりを機に「如来」の言葉を捉え直す必要がありそうだ。(赤坂史人)

麦酒賛歌

7月17日

風呂上がりのビールが何よりも心地よく感じられる季節を迎えた。まとわりつくような暑さや湿気を洗い流してさっぱりした直後、キンキンに冷やしておいた一杯をのどに流し込む。たまら…

公開性の拒絶

7月10日

活動実体のないバーチャルオフィスや秘書会社と呼ばれる会社が海外に存在し、そこを中継地としたインターネットによる詐欺商法が横行している。この極めて現代的な犯罪の根底にあるの…

次のステップ

7月3日

宗教教団にとって未信の人に対する有効な布教・伝道法の研究や実践は永遠の課題であろう。現に各教団で様々な「きっかけづくり」の取り組みが展開されている。ただ、その次のステップ…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日

平和への課題 政治に無関心ではいけない(7月5日付)

社説7月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加