PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

受験生応援ポスター

〈コラム〉風鐸2024年3月13日 13時08分

この時期になると駅で「努力を信じて」「最後まで頑張れ」「ここで深呼吸」といった受験生応援のポスターを目にする。塾や予備校の広告だが、勇気づけられる言葉が並んでいる。筆者が大学入試を受けた三十数年前、緊張でガチガチになった朝にこうした言葉で心を取り戻せたことが思い出される◆近年は中学受験者が年々増えているそうだ。我が家でも愚息が半年ほど前に受験すると急に言い出し、慌てて塾に通い始めた。とても間に合わないが、ゲームと「ユーチューブ」ばかりだった子が熱心に机に向かう姿が好もしかった◆正月は子どもの希望で天神様にお参りした。いつになく真剣に手を合わせ、自分の小遣いでお札とお守りを買い、おみくじで大吉が出たと言ってほっとした表情を見せた。お札は試験が終わった今も机の正面に掲げてある◆人によっては駅の応援ポスターもあざとい広告だと感じ、神仏への参詣は悪い意味での他力本願だと批判するかもしれない。しかし仏教で対機説法というように、何事もその人の心境によって受け止め方は変わってくる◆言葉でも神仏でも、それが支えになると感じられるのは、当人が真剣になっていることの証しでもある。地道な努力を重ねてきた受験生には、言葉や神仏に気兼ねなく支えてもらって、全ての力を出し切ったと思える入試となることを心より願う。(有吉英治)

200円の影響

4月17日

西国三十三所や四国八十八ヶ所、天台宗総本山比叡山延暦寺、高野山真言宗総本山金剛峯寺などで1日、納経帳への朱印料が約30年ぶりに300円から500円に改定された(重ね印は3…

女神のほほ笑み

4月10日

米国の象徴の一つである「自由の女神」像は、ニューヨーク湾に浮かぶリバティ島に立つ。1876年の米国独立100年を記念し、フランスから贈られた。除幕式は86年にあり、当時の…

我ぞふり行く

4月3日

唐の孟浩然は「春眠暁を覚えず」、また北宋の蘇軾は「春宵一刻値千金」と詠んでいる。そんな春の陽気に誘われて仕事帰りに寄り道をしている。路地を一本入って遠回りをしてみたり、少…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加