PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

ある老僧の話

〈コラム〉風鐸2024年3月18日 15時45分

「あの時、どっちにいたのか。そこで対立し、溝ができた。その時にできた心の傷を関係者は今も引きずっています」。真宗大谷派のある老僧からそう聞かされたことがある。「あの時」とは1979年の東本願寺の報恩講を指す◆当時は大谷光暢法主と宗派内局が激しく対立した「お東紛争」の最盛期で、同年の報恩講は儀式運営の主導権争いで混乱を極めた。宗門史に「分裂報恩講」と記される大事件である◆この時、件の老僧を含む僧侶でつくる「報恩講百人集会」は法主を支持する僧侶の排除を企図した内局を強く批判した。彼らは法主への痛烈な批判者だったが、一方で宗祖を偲ぶ神聖な法要を政争の具にしてはならないと主張した。ただ、本山の儀式主宰の実効性の確保は紛争の帰趨を左右する。内局にとっては法主派の排除は譲れない一線で、双方の考えは今なお評価が分かれる◆お東紛争は俗に「改革派と保守派の対立」と説明されるが、実際には保革を問わず多様な立場や考え方があった。老僧の話は宗内に様々な分断が生じたことを示唆する◆同じ「如来よりたまわる信」を得ながら、そこには40年以上たっても心のとらわれから離れられない姿がある。弥陀の無限の慈悲を受けるには凡夫の器は小さ過ぎるのか。老僧の自嘲とも悔恨ともつかない悲しみを宿した目を時々思い出すことがある。(池田圭)

麦酒賛歌

7月17日

風呂上がりのビールが何よりも心地よく感じられる季節を迎えた。まとわりつくような暑さや湿気を洗い流してさっぱりした直後、キンキンに冷やしておいた一杯をのどに流し込む。たまら…

公開性の拒絶

7月10日

活動実体のないバーチャルオフィスや秘書会社と呼ばれる会社が海外に存在し、そこを中継地としたインターネットによる詐欺商法が横行している。この極めて現代的な犯罪の根底にあるの…

次のステップ

7月3日

宗教教団にとって未信の人に対する有効な布教・伝道法の研究や実践は永遠の課題であろう。現に各教団で様々な「きっかけづくり」の取り組みが展開されている。ただ、その次のステップ…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日

平和への課題 政治に無関心ではいけない(7月5日付)

社説7月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加