PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

善人会

〈コラム〉風鐸2024年3月27日 09時20分

知識も良識もある人たちが集う仲の良いグループがあった。ある時、この和気藹々の集まりに名前を付けようという話になり、一人が「善人会」はどうかと提案した。悪事をなすような人はおらず、世間で善き人として知られる人物ばかりだから、誰が見ても善人ばかりの集まりには違いない◆ことさら異を唱える理由はなく、「その名前は困る」と反対するいわれもない。ただ、自ら進んで「善人」の表札を掲げることに賛同するのは、どこか後ろめたいと言わないまでも、くすぐったさ、居心地の悪さをそれぞれが感じていた◆善なるものは神のみだと言ったのはイエスである。マタイ伝第6章に「あなたは施しをする場合、右の手のしていることを左の手に知らせるな。それは、あなたのする施しが隠れているためである」とあるのは、自らの行為を善行と分からせるように行うことは偽善に通じることを戒めた言葉だろう◆善悪の評価は自分で下すものではない。「私たちは善人の集まりだ」とわざわざ自負を表明するのは嫌みでもある。半面、堂々と「善人」を掲げることには、ある滑稽さ、おかしみを伴うニュアンスもある◆果たして提案者はそこまで熟考した上であえてその名を持ち出したのかは疑わしいが、「私は悪人」と告げることと「私は善人」と名乗ることには、自己についての自覚と認識に根源的な違いがある。(形山俊彦)

200円の影響

4月17日

西国三十三所や四国八十八ヶ所、天台宗総本山比叡山延暦寺、高野山真言宗総本山金剛峯寺などで1日、納経帳への朱印料が約30年ぶりに300円から500円に改定された(重ね印は3…

女神のほほ笑み

4月10日

米国の象徴の一つである「自由の女神」像は、ニューヨーク湾に浮かぶリバティ島に立つ。1876年の米国独立100年を記念し、フランスから贈られた。除幕式は86年にあり、当時の…

我ぞふり行く

4月3日

唐の孟浩然は「春眠暁を覚えず」、また北宋の蘇軾は「春宵一刻値千金」と詠んでいる。そんな春の陽気に誘われて仕事帰りに寄り道をしている。路地を一本入って遠回りをしてみたり、少…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加