PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

我ぞふり行く

〈コラム〉風鐸2024年4月3日 11時55分

唐の孟浩然は「春眠暁を覚えず」、また北宋の蘇軾は「春宵一刻値千金」と詠んでいる。そんな春の陽気に誘われて仕事帰りに寄り道をしている。路地を一本入って遠回りをしてみたり、少し足を延ばしてラーメン屋を新規開拓してみたりと思いのほか楽しんでいる◆小さな発見もある。夕暮れ時に子どもたちが歓声を上げる小さな公園、静かに水をたたえる用水路、次第に膨らんでいくサクラのつぼみ――。忙しなく通り過ぎていた街並みが違った姿を見せてくれる◆古今和歌集に「百千鳥さへづる春は物ごとに あらたまれども我ぞふり行く」という詠み人知らずの歌がある。鳥の鳴き声もにぎやかで様々に物事が改まる春。しかしだからこそ自らの老いを実感してしまう、くらいの解釈だろうか◆学生の時分には性別も知れないこの歌人の心情に得心がいかなかったものだが、不惑を越えて次第に理解が及ぶようになった。新奇な物事に対して以前のようには心動かされなくなり、春特有の騒々しさや気忙しさから取り残されているような感覚を覚えるようになっていた◆とはいえ喧騒の中に小さな発見ができるようになったのも一歩、和歌をより深く味わえるようになったのもまた一歩。「人生けるとき精進ならざれば、たとえば樹の根無きが如し」とは善導大師の言。そうした一歩を積み重ねてまだまだ人生を精進していきたい。(佐藤慎太郎)

200円の影響

4月17日

西国三十三所や四国八十八ヶ所、天台宗総本山比叡山延暦寺、高野山真言宗総本山金剛峯寺などで1日、納経帳への朱印料が約30年ぶりに300円から500円に改定された(重ね印は3…

女神のほほ笑み

4月10日

米国の象徴の一つである「自由の女神」像は、ニューヨーク湾に浮かぶリバティ島に立つ。1876年の米国独立100年を記念し、フランスから贈られた。除幕式は86年にあり、当時の…

善人会

3月27日

知識も良識もある人たちが集う仲の良いグループがあった。ある時、この和気藹々の集まりに名前を付けようという話になり、一人が「善人会」はどうかと提案した。悪事をなすような人は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加