PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

はやるかカレー

〈コラム〉風鐸2024年4月24日 15時58分

新しい企画や事業を進めようとしてもなかなかうまくいくものではない。門外漢であれば特にそうで、経済と縁の遠い寺院が始める新事業となればなおさらだ◆先頃、京都府伊根町を平日に取材で訪れて驚いた。日本三景の天橋立は閑散としていたが、車で約30分の古い町並みが残る伊根の町は観光客でにぎわっていた。若狭湾の小さな漁港で過疎地だった伊根町は、町を挙げて観光をPRしてきたが、うまくいかなかった◆一転したのは台湾のインフルエンサーによる写真の投稿だった。それがきっかけで数年前から多くの観光客が来るようになったという。地元の古刹・曹洞宗海蔵寺も宿坊を始め、世界中から予約の電話が入るなど、年中フル活動している◆これは成功例だが、近年、新しい食文化をはやらせようとしているのが4月8日の花まつりだ。若い僧侶らを中心に、釈尊の故郷・インドのカレー、仏に引っ掛けた「ホトケーキ」、これらを花まつりに食べようとSNSで呼び掛けている◆今年は「(花まつりにカレーは)平成末期から続く伝統行事」との投稿があれば、両方を一緒に食べたという投稿も。甘茶かけは江戸時代に始まったとされるが、令和の時代には新しい食文化が必要かもしれない。SNSでの地道な宣伝が著名なインフルエンサーの目に留まり、今後、爆発的に流行する可能性だってあるだろう。(赤坂史人)

成し遂げる力

5月15日

スズメバチの女王は鋭いアゴで木を削り取り、かみ砕いた繊維を唾液と混ぜ合わせて巣の壁を作る。基礎作りが終わると卵を産み、羽化した大量の働き蜂が様々な材料を運んできて壁を何層…

聞法の悲劇

5月8日

真宗でみられる法話の類型に「仏法を聞かねばならない話」がある。仏法聴聞の意義を語るような内容で、聞法を中心とした真宗門徒のあるべき日暮しをこんこんと解説する派生形もあれば…

合理的配慮

5月1日

改正障害者差別解消法が施行され、障害者の求めに応じ「合理的配慮」をすることが、4月から民間事業者にも義務づけられた。何をどこまですればいいのか、企業によっては研修会を開い…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加