PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

仏法と国益

〈コラム〉風鐸2024年5月22日 11時13分

先頃開かれた中国人民政治協商会議で中国仏教協会の演覚会長が「宗教の中国化」の推進を力説したことは、一般紙でも報じられた。演覚氏によれば、この「中国化」は古代以来、歴史的に継続してきた過程の延長上にある。中国共産党と宗教団体の一時的で特殊な関係ではない、というわけだ◆ところで「宗教の中国化」に関連して、習近平総書記は「強国建設という大義に知恵を捧げ……、我が国の宗教の国際的影響力を拡大」するよう宗教界に促している。ロシアのキリル(=プーチン)氏が強調する「ルースキー・ミール(ロシア世界)」や米国トランプ前大統領の「偉大なアメリカの復活」などと考え方は同じである◆中国仏教協会は「中国化」の優等生である。演覚会長は今回の政治協商会議「優秀職務遂行賞」の一人に選ばれている◆日本での注目度はさほど高くはないが、この秋には身延山久遠寺を会場に「日中韓仏教友好交流会議」が開かれる。中国仏教協会元会長の趙樸初居士が提唱した「黄金の絆」に基づくもので、中国側には「国際的影響力の拡大」という国策の後押しがある◆テーマは「共同繁栄社会の構築における仏教精神――日中韓の調和と共生を祈る」だという。宗教の平和貢献が問われている中、3国の共同繁栄だけでなく、広く平和や人権などについても共同認識を築いてほしい。(津村恵史)

相承される思い

6月12日

曹洞宗大本山總持寺を開いた太祖瑩山紹瑾禅師の700回大遠忌の本法要が無魔成満した。21日間にわたる本法要期間中、全国各地から多くの宗侶や檀信徒が總持寺を参拝し、正伝の仏法…

鼻つまむ一茶

6月5日

生涯で2万句以上を詠んだという小林一茶の俳句には、小さな生き物への慈しみを感じさせるものが少なくない。代表句「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」「やれ打つな蝿が手をすり足…

岡目八目

5月29日

TVやネット配信による将棋観戦は近年、AIによる評価値の表示が導入されたことで大きく様変わりした。AIが盤面を瞬時に判断し、有望な候補手を示したり、どちらが勝勢かを一目で…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加