PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

岡目八目

〈コラム〉風鐸2024年5月29日 15時10分

TVやネット配信による将棋観戦は近年、AIによる評価値の表示が導入されたことで大きく様変わりした。AIが盤面を瞬時に判断し、有望な候補手を示したり、どちらが勝勢かを一目で分かるグラフを表示させたりしている。下手の横好きからすると、難解なトップ棋士の対局を分かりやすく楽しむことができ、大変助かっている◆囲碁に、「岡目八目」という言葉がある。はたから対局をのぞいている第三者の方が実際に対局している者よりも良い手を見つけることができる、という意味だ。とはいえ、たとえ良い手が分かったとしても「あそこに打てばよかった」などと横から口を挟むのはご法度。対局者から嫌われてしまう◆現代の将棋AIは、岡目どころか完全な第三者。その上、その意図が人間では解説できない「AIにしか指せない手」を示すことすらある◆問題の渦中にあって行き詰まった当事者よりも、冷静な第三者の方が客観的で的確な判断ができる場面は、日常生活でもままある。様々な人間の悩み事や困り事をAIに相談するような時代が、もしかしたら到来するのかもしれない◆ただし、我々が将棋観戦に求めているのはAIが示した通りの手の無味乾燥な応酬では決してない。対局場に確かに存在する人間ドラマや、人知を超えた一手ならぬ「AI超えの一手」が時に生まれる瞬間なのではないだろうか。(佐藤慎太郎)

相承される思い

6月12日

曹洞宗大本山總持寺を開いた太祖瑩山紹瑾禅師の700回大遠忌の本法要が無魔成満した。21日間にわたる本法要期間中、全国各地から多くの宗侶や檀信徒が總持寺を参拝し、正伝の仏法…

鼻つまむ一茶

6月5日

生涯で2万句以上を詠んだという小林一茶の俳句には、小さな生き物への慈しみを感じさせるものが少なくない。代表句「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」「やれ打つな蝿が手をすり足…

仏法と国益

5月22日

先頃開かれた中国人民政治協商会議で中国仏教協会の演覚会長が「宗教の中国化」の推進を力説したことは、一般紙でも報じられた。演覚氏によれば、この「中国化」は古代以来、歴史的に…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加