PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

鼻つまむ一茶

〈コラム〉風鐸2024年6月5日 10時32分

生涯で2万句以上を詠んだという小林一茶の俳句には、小さな生き物への慈しみを感じさせるものが少なくない。代表句「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」「やれ打つな蝿が手をすり足をする」などは、最たる例だろう◆ほかに、こんな句もある。「御仏の鼻の先にて屁ひり虫」。屁ひり虫はカメムシのこと。秋の季語だから、秋彼岸あたりに寺を詣でた時の情景だろうか。よりによって、仏像の鼻先で強烈な放屁をやってのけたのかもしれない◆屁ひり虫ことカメムシが、春先から各地で大量発生しているという。例年は夏から晩秋にかけて多く現れるため、かなり早い。取り込んだ洗濯物にくっついていたり、知らない間に室内に入り込んでいたりして、とにかく始末に負えない◆においばかりではない。大量に発生しているツヤアオカメムシやクサギカメムシなどは、植物や果実に被害を与えることから、法律により病害虫に指定される。関東から九州の25を超す都府県で「カメムシ注意報」が発表される事態となっており、果樹生産への影響が懸念されている◆屁ひり虫を季題とした一茶の俳句はほかに十数句ある。そのうちの一句を引く。「虫の屁を指して笑ひ仏哉」。またも仏像の鼻先で屁をひったのかどうか。いずれにせよ、仏様も笑っていられない状況が続く。さしもの一茶も、鼻をつまんでいるかもしれない。(三輪万明)

相承される思い

6月12日

曹洞宗大本山總持寺を開いた太祖瑩山紹瑾禅師の700回大遠忌の本法要が無魔成満した。21日間にわたる本法要期間中、全国各地から多くの宗侶や檀信徒が總持寺を参拝し、正伝の仏法…

岡目八目

5月29日

TVやネット配信による将棋観戦は近年、AIによる評価値の表示が導入されたことで大きく様変わりした。AIが盤面を瞬時に判断し、有望な候補手を示したり、どちらが勝勢かを一目で…

仏法と国益

5月22日

先頃開かれた中国人民政治協商会議で中国仏教協会の演覚会長が「宗教の中国化」の推進を力説したことは、一般紙でも報じられた。演覚氏によれば、この「中国化」は古代以来、歴史的に…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加