PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

行基の活動を支えた地域社会(1/2ページ)

大阪大大学院助教 溝口優樹氏

2019年5月14日 10時00分
みぞぐち・ゆうき氏=1986年、堺市生まれ。國學院大大学院文学研究科史学専攻博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て、大阪大大学院文学研究科助教。専門は日本古代史。著書に『日本古代の地域と社会統合』(吉川弘文館)。

奈良時代前半に活躍した行基は、畿内各地を遊行し、後に「四十九院」と称される多くの寺院(道場)を建立するとともに、社会事業を実施したことでよく知られている。その具体的な内容は、安元元(1175)年に泉高父宿祢によって著された『行基年譜』によって知ることができる。『行基年譜』には、行基が関与した施設として橋・直道・池・溝・樋・舩息(船着き場)・堀・布施屋が掲げられ、それぞれ具体的な施設名や所在地、規模などが記されている。このなかには、行基よりも前に築造されたことが明らかな狭山池も含まれており、全てが行基によって新規に造営されたわけではない。既存の施設を改築・修復した場合も含め、何らかの形で行基が整備に関与したものである。

こうした一連の社会事業は、行基が単独で成し遂げたわけではない。その背後には、多くの人々の協力があった。『続日本紀』に掲載された行基の薨伝(遷化した際の記事にともなう伝記)によると、橋や堤をつくる際には、行基の評判を聞いた人々が集まってきて労働力を提供し、わずかのうちに完成したという。この記事からは、行基や彼とともに遊行する弟子たちだけでなく、遊行先の現地住民、さらには周辺地域の住民も社会事業に参加していたことがうかがわれる。ただし、具体的な様相は判然としない。

ここで、行基の活動に参加した人々の具体的な様相を知ることができる資料として注目したいのが、大野寺の土塔から出土した文字瓦である。『行基年譜』によると、大野寺は神亀4(727)年、行基が60歳の時に和泉国(当時は河内国)大鳥郡大野村で起工された。現在の大阪府堺市中区土塔町には土を盛って造られた大野寺の仏塔が遺っており、土塔と呼ばれている。近年、土塔は堺市によって発掘調査が実施され、遺構の詳細が判明した。また、大量の瓦も検出されており、文字を記したものも1200点以上ある。記載内容の大半は人名であり、僧尼関係のものと俗人のものとに大きく分類できる。土塔の文字瓦にみえる俗人の人名のうち、最も多い氏族は土師氏である。大野寺が建立された大野村は大鳥郡土師郷に相当し、土師氏が拠点を構えた地域であった。

『行基年譜』によると、行基は大鳥郡土師郷において土室池・長土池、野中布施屋などを整備している。また行基は、大野寺に対応する尼院(香琳寺)を近接する深井村に建立しており、深井郷には薦江池も整備されている。これらは、地元の土師氏が整備に関与したとみてよいだろう。大鳥郡土師郷やその周辺で整備された諸施設のうち、野中布施屋は道路を往還する人々(南海道が近辺を通っていたとすれば、それを利用する運脚夫や役民などが想定される)を宿泊させる施設である。このような布施屋は、行基による福田行の一環として設置されたものといえよう。だとすれば、行基による福田行は、土師氏のような現地住民によって支えられていたことになる。一方、土師郷周辺に整備された池は灌漑施設であり、現地住民の農業生産を支えるものであった。したがってこの場合は、土師氏などの現地住民が主体となり、行基がそれを支えていたとみることもできる。

ところで大鳥郡の土師氏は、かつて百舌鳥古墳群の造営に従事した集団の後裔であり、それに関わる土木技術を保持していたと考えられる。また、人名瓦には大村氏や荒田氏、神氏といった氏族もみえる。土塔の南に広がる泉北丘陵には、陶邑窯跡群とよばれる須恵器窯を中心とした遺跡群が展開していた。これらの氏族は、陶邑窯跡群が所在する地域に拠点があり、窯業生産との関わりが想定されている。このように、土木技術をもつ土師氏や、窯業技術をもつ陶邑窯跡群周辺に住む人々の得意分野を生かした建造物として、土を盛った上に瓦を葺くという、特異な仏塔が造営されることになったのではないだろうか。ちなみに、土塔の築造には大量の土砂を要するが、灌漑開発は土砂を発生させる。この地域における土塔の造営と池の築造は、表裏一体の関係にあるといえよう。

幻の山林寺院「檜尾古寺跡」の発見5月7日

京都市左京区の銀閣寺(慈照寺)東背後にある如意ヶ嶽は、夏のお盆の伝統行事「大文字五山送り火」の大の字が灯される山として広く知られていますが、最近この如意ヶ嶽の南麓で見つか…

即位灌頂と儀礼のなかの天皇像4月22日

新天皇即位を控え、天皇の即位関連行事に関心が高まっている。一般的に、即位の際の儀礼としてイメージされるのは、高御座に新天皇が出御して行われる即位の礼であろう。かつては大極…

存在を支える「まなざし」の考察4月8日

人は自己の存在を認識するためには、他者を必要とする。この問題を考察した、英国の精神科医であるR・D・レイン(1927~89)は『自己と他者』の中で、夫が妻の、妻が夫の存在…

PR

続発する交通事故 他者思いやる禅の心を

社説5月22日

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

社説5月17日

宗教不信の時代 純粋な経験と洞察の原点

社説5月15日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加