PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

「恩おくり」の活動に取り組む 本郷由美子さん(56)

ほっとインタビュー2023年2月24日 09時18分
「恩おくり」の活動に取り組む 本郷由美子さん ほんごう・ゆみこさん=1966年、群馬県生まれ。上智大グリーフケア研究所で学び、専門スピリチュアルケア師の認定を受けた。「グリーフパートナー歩み」や、グリーフケアライブラリー「ひこばえ」を設立し、ケアの実践に努めている。

「人が人を傷つけるが、人を救うのも人」――。2001年の付属池田小事件で愛娘を亡くした。その悲しみを支えてくれた人々への感謝を踏まえ、グリーフケア・スピリチュアルケアを学んできた。絵本などに囲まれて静かに自分自身と向き合える場所として「ひこばえ」を20年に開設するなど「恩おくり」の活動に努めている。

佐藤慎太郎

ご自身のグリーフ(悲嘆)との向き合い方は。

本郷 PTSD(心的外傷後ストレス障害)にも苦しんだ昔のような激しさはなくなり、穏やかなものに変わってきましたが、グリーフは一生続くものでその根底にあるのは愛情や愛着なんです。愛しい存在が確かにあるのだとグリーフを抱きしめています。

私の娘は68歩、歩いてから亡くなりました。私は現場に行って「69歩目は手をつないで歩かせてください。頑張って生きるから」と誓いました。いつか娘と再会できる、そのために生きている、という気がしています。普通なら歩くことのできない68歩に込められた、生きたいという気持ち、最期の瞬間まで生きようとする力をくみ取ることができたのだと考えています。

現在どのような活動に取り組んでいますか。

本郷 基本的にはグリーフケア・スピリチュアルケアに関わる活動です。講演会や犯罪被害者支援、命の授業、個別相談などを通じて、グリーフを抱えた人が日常生活に戻る際のサポートをしています。

東京都台東区の浄土宗光照院の「こども極楽堂」に「ひこばえ」を開設したのは、これまでの活動を通じてどんな方でも安心して訪ねることができる場所へのニーズが多いと感じていたからです。すぐにコロナ禍に入ったので完全予約制になりましたが、中には家にいることに苦痛を感じる方、遺族同士の分かち合いがしんどくなってしまう方もいるようです。

全国から様々な人が来ますが死別のグリーフに特化しているわけではありません。病気の当事者や、コロナ禍で疲弊したエッセンシャルワーカーの方などもいました。スタッフはあえて同席せず、一人で自分自身に向き合える場所、そうした空間をつくることを心掛けています。グリーフには言語化できないことも多いのですが、無理に言葉にすることで自分を責めてしまうこともあります。焦らなくていい。あなたのペースがあると伝え、必要があれば個別面談や医療など専門家へもつなげるようにしています。…

つづきは2023年2月8日号をご覧ください

仏教や日本の祭礼を描き続ける水墨画家 傅益瑶さん

仏教や日本の祭礼を描き続ける水墨画家 傅益瑶さん

2月21日

中国と日本、両国の文化や歴史、芸術への造詣を深めてきた。その傍らには常に父の言葉や教えがあり、多くの師との出会いを経て、自らの水墨画の技法を確立。東京都立川市にアトリエを…

子ども食堂を支援する社会活動家 湯浅誠さん

子ども食堂を支援する社会活動家 湯浅誠さん

1月25日

全国こども食堂支援センター・むすびえを2018年に設立し、子ども食堂の普及に努める。子どもが主な対象の無料もしくは低額の食堂だが、様々な人が集まる地域コミュニティーの土壌…

無縁墓巡りを主宰する 陸奥賢さん

無縁墓巡りを主宰する 陸奥賢さん

12月26日

2011年から大阪市内の無縁墓地やその跡を巡る「大阪七墓巡り復活プロジェクト」を主宰する。江戸時代に行われていた風習「大阪七墓巡り」を追体験するもので、大阪の庶民の「無縁…

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)

社説3月1日

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)

社説2月28日

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加