PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

仏教の教え 性差別ない LGBTらの悩み傾聴

大阪府守口市・単立性善寺 柴谷宗叔住職

人々の願いが書かれた護摩木を読経しながら火にくべる柴谷住職 人々の願いが書かれた護摩木を読経しながら火にくべる柴谷住職

小学生の頃から男性を演じる息苦しさを感じてきた。だから、会社員時代に趣味の四国八十八カ所霊場巡りで出会った遍路仲間から女性に見られたことが何よりもうれしかった。

お遍路さんの着る白装束に男女の区別がないように、仏教は性の違いを超越している――。柴谷宗叔氏(69)は2005年に高野山真言宗の僧籍を取得し、10年には女性への性別適合手術も受けた。18年に大阪府守口市の単立寺院の住職となり「性善寺」と名付けた。誰もが仏の素質を持つという性善説が由来で、性で悩むのは悪いことではないとの思いも込めた。

寺では毎月最終日曜日に性的マイノリティー(LGBT)の悩み相談会がある。11月26日には10畳ほどの小さな外陣が約30人の参拝者で埋め尽くされた。LGBTの人だけでなく、お遍路仲間も集う。柴谷住職が約1時間の護摩供法要を行った後、参加者が住職を囲み、カレーを食べながらよもやま話に花が咲く。

「最初はゲイはゲイ同士、レズビアンはレズビアン同士、お遍路仲間はお遍路仲間同士でしか話をしていなかったが、顔を合わせるうちに相互に打ち解けるようになった。そうなると『性自認が違うだけで、みんな普通の人やねんな』という当たり前のことに気付いてくれた」

自身は大手新聞社で長年勤務。スーツにネクタイという服装に嫌気が差しながらも必死で男性を演じた。その分、プライベートでゲイバーに通って素の自分を解放し、ストレスを発散した。

1991年に会社の慰安旅行で西国三十三所第1番札所の天台宗青岸渡寺を訪れたのがきっかけで霊場参拝を始めた。西国霊場を満願した後、四国霊場も巡った。

95年に阪神・淡路大震災で神戸の自宅が全壊するも、大阪の実家にいたため難を逃れた。自宅のがれきの中から納経帳が見つかり、仏に救われた気がした。3年後、自宅再建の御礼参りに四国霊場を再び巡った。本格的に仏教を学ぼうと、高野山大大学院にも週1回通った。仕事との両立が難しくなり、2004年に退職。重圧から解き放たれたように性別適合手術を受け、僧籍の性別も女性に変えた。高野山真言宗では初の事例だった。

その歩みは同じ悩みを抱える僧侶の道標にもなっている。「この寺で保たれている多様性を認め合う雰囲気を社会全体に広げたい」。根底にあるのは「仏教の教えに性差別はない」との信念だ。

(岩本浩太郎)

「法話も祈りも“心から”」でありたいと話す池尾新理事長

H1法話大会の新理事長 企画の認知向上へ奔走

6月7日

2年に1回、観客の前で法話を披露し「もう一度会いたいお坊さん」を選ぶ「H1法話グランプリ」実行委員会の新理事長に就任した。2025年12月頃に開催予定の次回大会に向けて準…

パンニャ・メッタ学園の生徒を前に法話するサンガ住職

印の仏教復興に注力 協会設立し、弱者を支援

5月31日

インド唯一の天台宗寺院として知られる禅定林(マハーラーシュトラ州バンダラ県)は、サンガ住職が9歳で来日して比叡山での15年間の修行の後に帰国し「インド仏教の復興」を志して…

ケアする人、される人の枠を超えた「人と人の付き合い」が大切と語る佐野俊也住職

自然資源生かし「農福連携」 傾聴喫茶 地元と運営

5月17日

北海道えりも町と近隣自治体の宗教者や医療関係者らでつくる「カフェデモンクえりも」の代表を務める。月に1度のサロンをはじめ、地域の自然資源を生かした「農福連携」の活動など様…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加