PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

寺院物資を施設に提供 防災啓発イベント企画

岐阜市 浄土真宗本願寺派岐阜教区・IBE会 岩間尚子代表

防災グッズについて説明する岩間代表 防災グッズについて説明する岩間代表

浄土真宗本願寺派岐阜教区の坊守・寺族女性ら有志によるIBE(アイビー)会は2020年、当時岐阜教区寺族女性連盟の委員長を務めていた光顔寺坊守の岩間尚子氏を中心に結成された。教区内の寺院から集めた物資を必要とする場所へ届ける活動や、防災に関する活動を行っている。

寺族女性連盟の研修会で「寺院における防災」を学んだことをきっかけに、さらに学びを深めようと岩間代表らは「防災を学ぶ会」を結成した。日頃からできる防災対策として、使った分を買い足して一定量の食料品などを備蓄しておくローリングストックを知ったが、寺院で仏事の際などにもらうものには賞味(費)期限が短いものもあり、もっとうまく回せないかと考えるようになったという。無駄なく活用するために、寺院の物資を集めて子ども食堂などへ提供を始めた。

寺院として減災に努め、また日常の中での実践運動として食料支援に取り組むことを目的に、10人ほどのメンバーで新たにIBE会を立ち上げ活動を本格化させた。会の名前はメンバーが好きな観葉植物のアイビーに、単語をつなぐbe動詞の意味合いを含めたものだ。

教区内の寺院に物資の提供を呼び掛けるチラシを配布し、集まった物資は本願寺岐阜別院で保管。同別院が行う「別院食堂」をはじめ、市から紹介のあった母子生活支援施設、地元の子ども食堂などへ物資を提供する。提供先からは「物価高が続き生活に困っている人も多く、とても助かっている」と喜ばれている。

徐々に支援の輪が広がってはいるが、コロナ禍以降仏事の形式が変わった影響などで、寺院が提供できる物資も減っている。岩間代表は「少しでもいいので協力してもらえるよう、もっと積極的に広報していく必要がある」と話す。

昨年メンバーの3人が防災士の資格を取り、特に震災時に避難所となり得る寺院の関係者に防災意識を高めてもらおうと、3月と6月に防災イベントを開いた。防災意識レベルの確認や少人数でのグループワークをはじめ、非常時に使える防災ポーチを作ったり非常食を調理して食べたりして、実践的な内容も盛り込んだ。

今後について岩間代表は「食料支援と防災活動を両輪に進めていきたい。より多くの人々に支援いただけるよう、働き掛けていく」と語った。

(渡部梨里)

あそかビハーラ病院で患者に声を掛ける新堀氏

あそか病院勤務縁に得度 「仏」の視点で医療従事

7月5日

浄土真宗本願寺派が開設した独立型緩和ケア病棟・あそかビハーラ病院(京都府城陽市)で看護課長を務める。同病院での勤務を縁に本願寺派で2018年に得度した。「自分の価値観の何…

「法話も祈りも“心から”」でありたいと話す池尾新理事長

H1法話大会の新理事長 企画の認知向上へ奔走

6月7日

2年に1回、観客の前で法話を披露し「もう一度会いたいお坊さん」を選ぶ「H1法話グランプリ」実行委員会の新理事長に就任した。2025年12月頃に開催予定の次回大会に向けて準…

パンニャ・メッタ学園の生徒を前に法話するサンガ住職

印の仏教復興に注力 協会設立し、弱者を支援

5月31日

インド唯一の天台宗寺院として知られる禅定林(マハーラーシュトラ州バンダラ県)は、サンガ住職が9歳で来日して比叡山での15年間の修行の後に帰国し「インド仏教の復興」を志して…

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)

社説7月19日

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加