PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

手話付き法話を配信 息子の難聴判明契機に

東京都台東区 真言宗智山派仙蔵寺 青龍寺空芳住職

手話や字幕を用いて法話を伝える青龍寺住職と石川氏 手話や字幕を用いて法話を伝える青龍寺住職と石川氏

真言宗智山派仙蔵寺(東京都台東区)の青龍寺空芳住職(33)は難聴の息子のために手話を学び始めたのをきっかけに、手話通訳士の石川阿氏(33)と協力して手話通訳を付けた法話の動画をインターネットで公開している。

長男が感音性難聴だと分かったのは2020年7月。手話に慣れさせるには2歳半での発覚は遅かった。「なぜ早く気付いてあげられなかったのか」という後悔、「話し掛けていた言葉が聞こえていなかったのか」というむなしさ、将来の不安があったと振り返る。

都立聴覚障害特別支援学校の「乳幼児教育相談」に通う中で、元ろう学校の教師で手話通訳士の石川氏が指導するオンラインの手話教室を知り、手話を学ぶようになった。浄土真宗寺院で生まれた石川氏から手話通訳などと寺院を絡めた活動をしてみたいとの要望を受け、通訳付きの法話を始めた。

コロナ禍のさなか、法要に檀信徒らが参列できない代わりに、同寺で毎年営んでいる夏の万灯会送盆と秋の施餓鬼の様子を動画で配信、公開した。21年7月15日の万灯会送盆法要では、石川氏が青龍寺住職の横で手話通訳をし、動画には字幕も付けた。21、22年は手話と字幕付きの動画、23年は例年通り参拝者を迎えて法要を営み、動画は字幕だけにした。

難しい仏教用語が含まれる法話は、手話をする側も受け取る側も事前の情報把握や字幕がなければ、その場で理解するのは困難だ。法話に限らず、通訳は元の言葉の前提になる背景も考慮しなければならない。石川氏は青龍寺住職と相談し、法話の内容を変更してもらったり、動画中に写真やイラストを使用したりするなど工夫を凝らした。

石川氏は「聞こえない方にとっては、お坊さんがこういう話をしていたのかと知る大きな機会になった。知ることで初めて法話を聞きたい、聞きたくないという選択肢ができた」と語る。

とはいえ、まだ耳が聞こえない人たちの反応は寺院には届いていない。青龍寺住職は「まずは檀信徒が手話に触れ、耳が聞こえない人に対する理解を深めることにつながるだけでもありがたい。関心を持ってもらうのがファーストステップ」と話す。

今後も動画を公開するかは未定だが「やり方を変えるかもしれないが、耳の聞こえない人たちに届くよう、地道に続けていきたい」と語った。

(甲田貴之)

人々の願いが書かれた護摩木を読経しながら火にくべる柴谷住職

仏教の教え 性差別ない LGBTらの悩み傾聴

12月8日

小学生の頃から男性を演じる息苦しさを感じてきた。だから、会社員時代に趣味の四国八十八カ所霊場巡りで出会った遍路仲間から女性に見られたことが何よりもうれしかった。 お遍路さ…

「お寺は檀家さんあってのもの。偉そうではいけないんです」と話す根岸住職

門戸開放、檀家あってのお寺 社会貢献にも長年尽力

11月17日

真言宗豊山派宗務所の教化部長、総本山長谷寺(奈良県桜井市)寺務長など宗派の布教、教化に関わる役職を歴任。自坊・養福寺(東京都荒川区)の興隆に努める一方、約20年にわたる保…

宝池寺は大勢のハイカーにも親しまれるようになった。前列右から3人目が中川氏

山中の荒れ寺を復興 週の半分は訪問看護師

11月8日

真言宗醍醐派僧侶の中川龍伽氏(55)は5年前から大阪府内の山中にある荒れ寺の復興に取り組んでいる。「最初は雨漏りがして床にも穴が開いているようなありさまだったが、信者さん…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加