PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

近隣で托鉢行脚40年 僧侶としての覚悟固まる

愛知県津島市 浄土宗西山禅林寺派宝泉寺 伊藤信道住職

津島市内の各派19カ寺でつくる津島霊場会の行事をラジオ番組でPRする伊藤住職㊨ 津島市内の各派19カ寺でつくる津島霊場会の行事をラジオ番組でPRする伊藤住職㊨

愛知県津島市・浄土宗西山禅林寺派宝泉寺の伊藤信道住職(68)は、4年前に心臓を患ったのを機にやむなく中止するまで40年余りにわたって津島市内で托鉢を行じた経験を持つ。

托鉢を始めたのは25歳。当時所属していた禅林寺派東国青年会で托鉢をすることになり、その実践者だった岐阜県羽島市・光照寺住職の森準玄氏(後に禅林寺派管長・総本山禅林寺第87世)に指導を仰いだことがきっかけで、翌年から一人で行じるようになった。

托鉢は毎年12月初旬から翌年2月初旬までの時期に毎日(住職就任後は土日以外の平日)、早朝6時半~8時頃に実施。行脚するのは近隣の約800軒で、日によってコースを変えながら1日に200軒ほどを巡った。

各戸の玄関先で四誓偈の一節を唱え、もらった布施は慈善事業などに全て寄付。結果的に檀家以外の人とも親しくなり、自身や寺に対する地域の信頼が高まった。「おっさん(お坊さん)が頑張るから私も頑張る」「手を握ってほしい」と言う人もいたという。

無論、よいことばかりではない。「帰れ!」と怒鳴られたり、番犬をけしかけられたりしたこともある。「自分たち僧侶は世間からそういう存在と思われているのか。最初はお釈迦様も行っていた托鉢に誇りや自信もあったが、そうではないと分かった」と振り返り「大げさに言えば、そうした中で僧侶としての覚悟ができた」という。

森氏は「お金をもらえるお坊さんになれ」と説いた。その意味を「布施をもらえることがどんなにありがたいか」と受け止めている。「法事や葬儀の場合は『そのお礼をもらう』という感じがあるが、托鉢への布施はただ私がやっている行に対するもので、『お坊さんに何かをしてほしい』というものではない。布施をもらうとは何かを考えさせられた」と語る。

托鉢のほかにアーユス仏教国際協力ネットワーク(東京都江東区)や「おてらおやつクラブ」の活動への参画、CO₂排出係数ゼロの電力使用などにも積極的に取り組んできたが「社会と関わろうと思っているのではなく、ただお念仏を自分の身体で表しているというのが最近の感覚」。

浄土宗の教えは凡夫の自覚を促す。「老いや病など思い通りにならない現実が増える一方の50代後半くらいからその自覚が深まり、お念仏のありがたさが身に染みてくるようになった。先の短い自分のいのちで、どうやって皆さんにお返ししていくか」と考える日々を送っている。

(池田圭)

「視覚障害のある生徒に教えることで本質の重要性を教えられている」と話す丹治氏

虚飾排する大切さ実感 視覚障害者に地理授業

4月5日

日蓮系単立妙音寺(静岡市駿河区)の丹治達義・前住職(45)は、視覚特別支援学校の社会科教諭でもある。目の見えない、見えにくい生徒と接する中で、虚飾を排し本質を伝えることの…

参加者のことを考えて「一筆法語」を選ぶと話す耕野住職

カフェ開き「一筆法語」配布 介護者の心身 安らぎを

3月22日

東京都葛飾区の浄土宗専念寺は定期的に、介護についての悩みや経験を分かち合うための「介護者の心のやすらぎカフェ」を開いている。耕野孝順住職(42)は「参加者も私もお互いに、…

「経験や知識がもたらす勘や気付きに導かれ、一瞬一瞬に命を懸けたい」と話す木村宮司

維新史著す居合道範士 一瞬一瞬に命懸けたい

3月8日

霊山歴史館(京都市東山区)元副館長の木村幸比古・三ノ宮神社(同市西京区)宮司(75)は100冊以上の幕末維新史の書籍を執筆し、居合道を指導する文武両道の神職だ。「私が神主…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加